二日酔いはやっぱり辛い、早めに対策しておく方が良い!

お酒を飲みすぎると次の日、気分が悪くなります。
身体がだるくなって、寝込んでしまいます。

二日酔いの症状です。

二日酔いはなるたけ早く治したい。
そこで二日酔いに関することをいろいろ調べてみました。

【二日酔いを解消するために】

飲みすぎると次の日はどうしても二日酔いになります。

例えば、ずきずきと頭が痛い。
吐き気・胸焼けに体がだるくて起き上がることができない。
正直、辛い症状は早めに対処したいです。

どうやって、二日酔いを解消するために何をすればいいのでしょう。

そもそも、二日酔いになるのには原因があります。
その原因は大きく二つに分かれています。

一つはアセトアルデヒドという成分です。
アルコールは肝臓で分解されてアセトアルデヒドという成分になります。
しかも、飲みすぎるとアセトアルデヒドという成分が全身に回ってしまいます。

その結果、神経細胞に影響を与え、二日酔い特有の頭痛や全身のだるさを引きおこします。

二つ目は胃食道逆流症になります。
普通、胃や食道は逆流しません。

アルコールを多量に摂取した結果、その作用で胃と食道が緩んでしまい胃液が逆流します。
そのせいで胃がむかむかしたり、吐き気・胸焼けが起こるというわけです。

【二日酔いを治す方法とは】

そもそも、二日酔いはいろんな症状があります。
頭痛に吐き気・胸焼け、体がだるいなどです。
この方法を試したら、これら症状がすぐなくなるわけではありません。

酷い頭痛の場合、アセトアルデヒドか原因でしょう。
そこで、体内に残っているアセトアルデヒドを薄める必要があります。

薄めるためには水分補給が効率的です。
吐き気や胸やけは胃液が逆流した結果です。
緩和するためには薬などを病院などで処方してもらうことが一番です。

できれば、二日酔いの時にはなるたけ油っこいものは避け、あっさりしたものを食べた方がいいでしょう。

体がだるいのもアセトアルデヒドか原因です。

そこで体内のアセトアルデヒドを薄めるためにこまめに水分補給と栄養をとることが必要です。
ただし、吐き気や胸やけがある場合は無理に食事をとらなくてもいいでしょう。
その代わり、水分を取って楽になるのを待ちましょう。

【二日酔いを治すツボがある】

飲みすぎた次の日はいつも辛い。

二日酔いの症状です。

飲む前や飲んだ後にツボを押しておくと症状が和らぐでしょう。
体には幾つもツボが存在しています。
ツボを押すことでいろんな効果があります。

そもそも、二日酔いはアルコールが体内の中で分解、その中にアセトアルデヒドという有害な成分があります。

この成分が体に残っていると動悸や吐き気、頭痛などを引き起こします。
両乳頭の真下と肋骨が交わるところにあるツボ、期門といいます。
しかも、つらい二日酔いをすばやく解消するツボです。

飲む前に押しておくと二日酔いや悪酔いの予防になります。

健理三針区というツボは肝臓の働きを活性化し、アルコールの分解を促してくれます。
しかも場所は手のひらの中央、やや手首寄りです。
なので、外出先でも気軽に押すことができます。

なので、覚えておいた方がいいでしょう。

【二日酔いで吐きたくない】

飲みすぎて、翌日、二日酔い。
二日酔いで吐きたくないなら一体、何をすればいいのでしょう。
とにかく、二日酔いの吐き気を解消したいならしかるべき処置をしておきましょう。

吐き気の原因は脱水症状の場合が多いです。
そこでとにかく、水分補給は大切です。

しかも、ただの水ではなく電解質が含まれたスポーツドリンクなどの方がいいでしょう。
それに水分が増えることによって血液の水分量も増えます。
排出する尿の量も増えるので体内のアルコールを排出しやすくなります。

他にもフルーツを食べるといいでしょう。
フルーツにはビタミン類やクエン酸といった肝臓の働きをサポートする成分が含まれています。

肝臓の働きがよくなれば肝臓でのアセトアルデヒドの分解を促すことができます。
その結果、吐き気を解消することが可能となるのでしょう。

【二日酔いに効果的な予防薬】

まず、二日酔いになりたくないのならあらかじめ、予防薬を飲んでおけばいいだけです。
最近では二日酔いの仕組みも分かってきたので、予防薬は沢山市販されています。

要するに酒を飲む前に飲んで、次の日もすっきり。
そういった効果を期待されています。

ちなみに成分によって合う合わないものもあります。

誰だって二日酔いになります。
だからといって、誰もがいつも二日酔いの薬を持ち歩いているわけではありません。
それでも、いざという時に比較的に買いやすい薬を知っておきましょう。

できれば、お財布の負担にならないコスパのいいモノを選んでおきましょう。

さらに食事の負担にならないようなモノが理想的です。

そこで食事やお酒を楽しみたいのなら飲む直前に飲むと味がわからなくなるものもあるので気をつけましょう。

【二日酔いで頭痛がする】

昨日は飲みすぎた。
だから、頭が割れるように痛い。
これは二日酔いの兆候です。

だからといって、翌日、仕事を休むわけにはいかない。

二日酔いでの頭痛、早めに改善しましょう。

ちなみに頭痛には3つ存在します。
緊張型頭痛、片頭痛、アルコール頭痛です。
二日酔いによる頭痛はアルコール頭痛になります。

アルコールによる頭痛はガンガンと脈打つような痛みです。

しかも、アルコール頭痛の痛みの原因は3つあります。

血管の拡張、脳のむくみ、有害物質です。

アルコールによって血管の拡張が起こります。
血管の外に漏れ出た水分のせいで脳がむくみます。
とどめはアルコールを分解するとアセトアルデヒドという有害物質が発生します。

そこで二日酔いでの頭痛に治したいするならこのアルコール頭痛をなんとかしなくてはいけません。

【二日酔いの吐き気を解消する方法】

吐きたいのに吐けない。
実際、吐いてしまう。
吐いても再び、吐き気がこみあげてくる。

これが二日酔いの吐き気の症状です。

吐き気は食道に胃酸が逆流しているせいです。

胃酸が逆流しているとますます、消化器官が傷ついてしまいます。
胃が荒れているので胃に優しいモノを取るのも吐き気を克服す一つの手です。
塩分や糖分が入っている飲み物の方が一番です。

それにぬるめの温度が望ましいです。
例えば、吸収のいいスポーツドリンクや野菜ジュース、味噌汁とかです。

胃が痛んでいるので冷たいモノや熱いモノは逆に胃を刺激してしまいます。

さらに吐き気を解消するためのツボがあります。
覚えておくと吐き気で苦しい時に役立ちます。
場所は手と手首の境目のシワから、指3本分下にある手首中央にあるスジです。

強く押してもいいけれど、軽くなでるだけでもよく効きます。

【二日酔いに効く食べ物とは】

二日酔いで食欲がない。
体がだるくて頭が痛い。

二日酔いになってしまった時に効果的な食べ物は柿です。

柿はビタミンCと果糖が豊富です。
それに柿に含まれている果糖はアルコールを効率的に解毒します。

特に熟した柿や干し柿を食べるといいでしょう。
さらに二日酔いにはシジミがいいと言われています。
シジミには二日酔いに効果的なオルニチンが含まれています。

二日酔いに改善し、肝機能を高めてくれる効果があります。
例えば、シジミの味噌汁なら二日酔いの朝にぴったりな食事です。

さらに卵も二日酔いの改善にも役立ちます。
卵黄に含まれているシステインは二日酔いの原因となる物質を分解します。
白身は肝臓の機能を回復します。

肝臓はアルコールを分解してくれます。

二日酔いの頭痛で悩んでいるならハチミツもいいでしょう。
ハチミツが頭痛を改善、栄養価が高いので食べ物が喉に通らなくても効率的にカロリーがとれます。

【二日酔いの治し方とは】

二日酔いはとっても辛い。
特に頭痛や吐き気、いつまで続くんだろう。
寝ていればいつかは治っていくものだけど、仕事があったら寝ているわけにはいきません。

ちなみに二日酔いを治すのにはいろんな方法があります。
一番なのは二日酔いにならないように飲みすぎに注意すればいいだけです。

二日酔いにはいろんな症状があります。

症状によって対処法は違います。
例えば、頭痛なら血管を収縮させることが一番になります。
市販されている頭痛薬を利用すれば痛みはある程度抑えられます。

吐き気や食欲不振なら吐き気止めを利用することです。

昔から二日酔いの特効薬として生姜を使っていました。

生姜は絞ってしょうが汁にしたり、スープに入れても飲むことができます。

ちなみにはちみつは案外、生姜と相性がいいです。
なので、生姜のハチミツ漬けを食べるのもいいかもしれません。

【二日酔いにはヘパリーゼ】

忘年会や新年会、ついつい飲みすぎてしまうことはあります。
若い頃は翌日、酒の影響が残ることなんてなかったのに。
結局、二日酔いになってしまった人への強い味方。
それが医薬品、ヘパリーゼです。

ドラックストアやコンビニで簡単に購入できるのも嬉しいです。

錠剤にドリンク、好みで自由に選べます。

医薬品、ヘパリーゼの実力。

胃腸に作用するカンゾウ、リュウタンエキスも配合しています。
肝臓からくる疲れに肝臓水解物が効きます。

それにドリンクなら飲みすぎたかなと思ったらこれ一本。
飲めば二日酔いを解消できます。

アミノ酸が豊富で、アセトアルデヒドの分解を促すので体のだるさが改善できます。
肝臓の機能も高めてくれるので、飲む前に飲んでも飲んだ後に服用しても効果があります。

以下の記事でご紹介しているサプリをお酒を飲む30分前に1粒飲めば、二日酔いの心配はいりません。

辛い二日酔い対策と予防なら米国の臨床実験でも証明されている二日酔いの原因である「アセトアルデヒド」を分解してくれる「N-アセチルシステイン」という成分配合のコレを飲む30分前に1粒!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)