書く事で自分の弱点を克服できた話

本日は書く事で自分の弱点を克服できた話について記載をさせていただきます。皆さまにも長所がある半面で短所もあるかと思います。そして長所はそのまま伸ばして行けば良いのですが、短所は完璧に克服をする事は厳しいかも知れませんが、でも少しずつでも直す努力はしておかないとお仕事をしている中でも偶に自分の性格や短所が顕著に出てしまう事もありますので最悪は皆さまの査定に引っかかってしまったりリストラの対象になってしまう場合もあります。そう考えると例え自分の短所とは言えども恐怖心に変わってしまう場合もあり、だからと言って今日考えて明日には克服されていると言う単純な物ではなく、今までの生活習慣の積み重ねが転じている場合もありますので、日々のトレーニングで直して行く事がお勧めとなるのです。
では具体的にどの様なプロセスで行って行けば良いのかと言いますと、自分が克服すべき恐怖心や課題を具体的にノートに書き出してみる事です。ポイントは具体的に書き出すと言う工程になるのですがそれはどうしてかと言いますと、皆さまも何か悩み事がある場合には人に相談をする事があるかと思います。そこで良いアドバイスをもらって悩みが解決できたケースもあるかも知れませんが、基本的には自分の事は自分で責任を持って解決をしないと本当の意味で自分自身の恐怖心を克服できたとは言えないのです。
例えば皆さまが何かのスポーツをやっていて、それがサッカーや野球などの団体スポーツなのであれば皆様が抱えている不安を周りのメンバーがサポートしてくれるかも知れませんが、柔道や剣道、マラソンなどの個人競技の場合にはサポートをしてくれる人がいませんので自分の恐怖心は自らが克服しないといけませんので、正直な所はあまり人に相談をしても根本的に解決をする事ができないのです。
そこで自らが紙に自分の恐怖心を書き出してみると、普段は気がつく事ができない事をかなりの確率で的を得たポイントを抽出する事ができるのです。例えば個人競技の場合に付き物である『一対一が怖い』と言う悩みについては、普段団体で練習をしている場合には良いパフォーマンスを発揮しているのに、いざ一人になると技量が低下してしまうと言う人も結構います。ですので書き出した事で分かった潜在的な短所に対してどう立ち向かうのか、具体的には一対一の練習をひたすら重ねる事で本番に緊張しない為の体力と心境を整えると言うか方法を取ることができるのです。これは分かりやすい例で言いますともしボクシングの選手は対戦相手に近いタイプのボクサーを選んで数十ラウンドのスパーリングを行いますが、正に自分の短所を克服させる為に努力をしているのです。
この様に普段は自らのプライドや立場があるが故になかなか人には言えない自分だけが知る事のできる恐怖心や不安を自分一人で集中できる場所で書き出す事によって本当の意味でそれまでの呪縛から解き放される事ができると言えますし、こうしてやっと自らの弱みを自分自身で認める事ができれば人にも話す事ができますので、心が癒される事ができますし、本当の意味で解決する為の原点に立つ事ができるとも言えるでしょう。なので問題に対して何かモヤモヤしている場合や煮え切らない場合には直ぐにその答えは見つからないかも知れませんが連想される単語を書いて行く事でゴールに近づく事ができるのです。特に悩み事が深い場合には頭の中で考えていても最初のうちは周辺のワードばかりが見つかって視覚的に連想できませんので、紙に書いた言葉を直視する事で連想力が増して来ますので一体自分は本当に何に対して恐怖心を抱いているのかを突き止める事ができるのです。また実際にこの作業を行わないと間違えた根本的な原因を見つけてしまってそれに対してケアをする事になってしまいますので、いつまで経っても大元の恐怖心を叩きのめす事が出来なくて負のサイクルにハマってしまう事になってしまいます。
ここまでの内容で書く事によって心が癒されて自らの心の内側を露わにする事ができるメリットをご理解いただけたと思いますが、更に良いゴールへと導くにはどの様な工程を踏んでいけば良いのかと言う事についてご説明をさせていただきます。作業的には単純なのですが、先ずは上の工程でご説明をした方法で自らが抱く本当の恐怖や不安に思う事を書き出します。次になりたい自分像となるゴールを書きます。そしてゴールに至るまでのプロセスを書き出して実行して行くと言う作業になります。例えば『一対一で試合をする事が怖い』と言う事が恐怖心だとするとゴールには必ず恐怖心の反対をセットする様にしますので『一対一の恐怖心を克服する』と言う内容になります。ここで気をつけないといけない事は『試合に勝つこと』がゴールだと考えてしまいがちなのですがそれは最終的なゴールとなり、その前提として相手が怖いと言う不安を取り除かなければなりませんので、ここは必ずゴールの意味を違わない様にしましょう。そして次にどの様な方法で一対一の恐怖心を克服して行くかと言うアイデアを出して行く訳ですが、今回は私が実践をした事例でご説明をさせていただきますが、具体的なプロセスとしては『当日の原稿を間違えない様に何度も読み返す』や『読みやすい様に段落や行間を設ける』や『焦らないでゆっくり話す癖をつける』また『前列の聴衆者とはあまり長い時間目線を合わせない様にする』また『予測される当日聴衆者から聞かれるであろう質問とその回答を準備する』などと記載をします。
そして当日に気をつける事と事前に準備や練習できる事に分けて特に事前に準備や練習できる事についてはすぐに取り掛かる様にします。また当日にしかできない事についてはあまり事前から気にしても仕方がありませんので本番の当日30分前から意識をする様にします。この様に恐怖心の内容と克服の為の具体的なプロセスについてついて実際に書き出す事で明確に取り組む事が分かりますのでかなり心が癒されるのです。ですのでもし皆さまにも何かに対する恐怖心があるのでしたら具合的に内容を書き出してみる事をお勧め致します。
もっと本格的に恐怖を克服したいなら「サヨナラ・モンスター」を試してみてください。

評価お願いします!

0
コメント0511 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)