子供が病気の時に語った明るい話

本日は私の子供が病気の時に元気付けようとして行ったお話ですが、病気とは言ってもインフルエンザになります。でも大人でも辛いインフルエンザなので子供はもっと辛いのではないかと思います。特に発症し始めの熱が出ている時は魘されていますので、親に対しても辛いと言う表情や言葉を発します。
そんな時に親は変出来る事なら代わってあげたいですが、それはできませんので何とかして元気つけるしかないのです。そんな中で私が行ったのはインフルエンザが治ったら子供が何をしたいかを聞いて、それを病気と闘っている子供が「治ったらパパと遊べるんだ」と頭の中に焼き付けて少しでも明るい気持ちになってもらう事でした。
因みに当時私の子供はまだ3歳でしたのでインフルエンザが治ったらパパとサッカーがしたいですとか、コンビニに売ってあるアイスが食べたいと言う可愛い物でした。ここで大切な事は「治ったら一緒にやろうね」と言う言葉を掛けることと必ず有言実行にすると言うことです。一度実績を作ってしまえば子供が再度病気になった時でも明るい気持ちで立ち向かえる様になりますし、親子の信頼関係も増してくるのです。
なのでもしお子様が小さいと言う親御さんはぜひこの方法を使ってお子様の気持ちを少しでも楽にさせてあげていただければと思っています。

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリーム
「ロテュミリンAFの詳細はこちら」

評価お願いします!

0
322 PV
CATEGORY :
TAG :