書痙(しょけい)って心の病気、改善のために何をすべきか考えよう

・書痙(しょけい)とは

書痙(しょけい)なんて病気、聞いたことなんてないという人が大勢います。
人前になると文字を書く際に手がふるえてしまう、それが書痙という症状です。
その理由は自分の字が下手だから人前だと緊張して字がかけなくなるせいだと言われています。

実際、文字を書こうとすると手が震えるだけでなく痛みまで感じることもあります。
手が震えるせいで字が書けません。

まるでミミズののたくったような字になってしまい、本人にも読めない場合があります。

震える手をもう片方の手で押さえなくては字を書くことができません。

しかも、この症状は作家などといった文章を書く人に起こりやすいんだそうです。

なので、文章を書くことを職業としている人の職業病とも言われています。

・書痙(しょけい)を心理学の知識で改善するには

まず、書痙の症状で苦しんでいる人は大勢います。
しかも、心理的な原因で発症するということが最近になって分かってきました。

ちなみに書痙は昔から知られている神経症です。

しかも、原因が極度の緊張の場合が多いです。
頭で理解してても、なかなか症状が改善しません。

何故なら、心の病は自分が思っている以上に症状が重いのです。
書痙がイップスの心理学において問題になっているからです。
そして、書痙に関する研究知見がイップスの研究と治療におおいに役立つと期待されているそうです。

職業性クランプに書痙か゛含まれています。
それに、書痙にも症状とタイプが存在します。

ただ、心理学からの方向から見てみると心因性が原因と言われています。
なので、心因性の原因を取り除くと書痙の症状が改善するかもしれません。

トレーニング開始から5分から60分程度で「あがり症」を改善!?
行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

評価お願いします!

0
コメント0530 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)