水虫と男性カンジダ性亀頭包皮炎の共通点と相違点

男性カンジダ性亀頭包皮炎と水虫は、一見違った症状に見えて実は、共通点があることは、あまり知られていません。水虫は、白癬菌が原因によるものです。男性カンジダ性亀頭包皮炎は、カンジダ菌が原因です。しかし、両者の共通点は、いずれもカビによる炎症であると言われています。他にもストレスなどによる免疫力の低下によるもので発症することもあります。発生する場所には体内および体外という違いがあります。あまり違いがないように思われますが、治療に用いられる薬には共通点があります。水虫と男性カンジダ性亀頭包皮炎の治療では、ステロイドを使用しません。なぜ、ステロイド剤を使用しないかというと、ステロイドには、免疫効果を低下させてしまい、体の免疫力が低下することが原因で起こる男性カンジダ性亀頭包皮炎等には逆効果であると言われているからです。自己判断で使用することは危険であるため避ける必要があります。男性カンジダ性亀頭包皮炎の治療には、抗真菌薬を使用します。この薬は病院で処方されます。病院では、薬を処方される前に皮膚の一部を採取して菌の原因を調べてから薬が処方されます。そのため、安全に男性カンジダ性亀頭包皮炎の治療ができ、しかも市販の薬よりも早く治せます。

爪水虫を自力で治す方法