メールやLINEなどのコミュニケーションが終わったら電話を

メールやLINEなどの最初の段階のコミュニケーションが終了したら、次は、電話で相手にコミュニケーションを取る手段を考えなければなりません。電話は、相手と直接言葉を交わすツールなので相手との距離がグッと近づきます。実は、電話は、相手に対する最強のコミュニケーションツールであると言われています。話が楽しくなれば相手に電話をかけたくなります。しかし、こうした行動はあまり好ましくありません。相手の時間に合わせてもらっているということを理解して、だいたい週に1〜2回程度が理想であると言えます。相手に負担をかけない楽しい会話を心がけると良いです。次に、相手と電話で何を話したらよいかについて考えます。話す内容などは、言葉で直接話すということになりますから細心の注意を払う必要があります。また、電話は、相手の貴重な時間を利用して話をすることになるので話題がないというのは相手に対して失礼に当たります。大切なのは共通の会話があるかという事です。時分の話をするのは、自慢話なように聞こえて相手に不快感を与えてしまうので、避けることが望ましいです。相手の話題に合わせてできるだけ時分の話を織り混ぜながらのキャッチボールが大切です。電話をする前に話すテーマをあらかじめ準備することが望ましいです。

親を克服し運命の相手を引き寄せる方法
阿妻式恋愛眼力トレーニング