災害時に洗濯用ネットで猫が救助された

豪雨の災害により浸水した家に取り残された猫が洗濯用ネットで救助されたという話を聞いて、凄いなと思いました。こういった災害時に飼い主にも置き去りにされて心細い中、救助が来ても猫はパニックになってしまう事もありますよね。私の知人が飼っている猫なんて飼い主以外が家に入るとパニックになってしまうので、災害の時なんてとても大変だと思います。パニックになった猫を抱き抱えて救助するのは難しい場合は、こうして洗濯用ネットに入れて抱いて運ぶと良いという事が分かりました。
確かに洗濯用ネットなら腕に抱えても暴れて逃げてしまうという事もありませんね。そしてこれは災害時だけに限らず普段にも使えるそうです。動物病院などに猫を連れて行く時も洗濯用ネットに入れて行くと良いのだそうです。動物病院などで洗濯用ネットの隙間から洗濯用ネットに入った猫に注射をする事も出来るそうです。
猫を飼っている方は猫が余裕で入れるくらいの洗濯用ネットを常備しておくと良いかもしれませんね。ちょっとした物入れにもなると思うし、災害の時などに大いに役に立ちそうです。災害の時にはペットをどうするかなど問題がありますが、ペットも人間と同じ大事な命なのでしっかり守ってあげたいですよね。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

評価お願いします!

0
2020年4月24日105 PV