久しぶりのホームタウン

18から30代前半まで暮らした福岡。
初めての一人暮らし、学生生活、たくさんの友人たちと遊びまわった日々、アルバイト、恋愛、就職して全力で頑張り続けた仕事。
思い出は限りなく出てくる。
他人に干渉しない、程よい距離感の土地柄も自分に合っていて心地良く、生まれ育った町よりも安心して自分らしくいられる土地。
人生には色んなことが起こる。
私は福岡を離れ、出身県に戻ってきた。
でも懐かしく恋しいのはやっぱり福岡。
繁華街から離れた一軒家の雑貨屋や、裏道にある居酒屋。
ここよりもずっと詳しく慣れ親しんだあの街に、久しぶりに帰る。
行く、のではなく、まさに、帰る、感覚。
朝6時。仕事に行く日と同じ時間に起きる。
昨夜興奮でなかなか寝付けなかったが、それでもだるさはなくスッキリしている。
途中までは通勤ルートと同じバスも、ワントーン明るく見える。
バスセンターで福岡行きのバスに乗り換え。
二時間と少しで、見慣れたあの街に着く。
少し眠ろうとするけれど、眠れない。
予定時刻を少しオーバーして、福岡市内に入る。
懐かしい都市高速。
福岡の街並みを目にした途端、肩の力が抜け、呼吸するのが楽になった。
通い慣れたバスセンターの、あまり慣れない長距離バス降車場。
余所から来たことを振り払うように、よく行っていたコンビニに入り、飲み物を買う。
よし。ここは私の街だ。
行きたい場所はたくさんあるけど、一泊二日では限られている。
エリアを絞って、ランチ、ショッピング、散策、そして夜は友人と居酒屋、ホテルに戻る前に、ひとりで通っていたバーへ。
これっきりというわけじゃない。
またいつでも遊びに来ればいい。
ふるさとは、遠きに在りて想うもの。
またこの街に帰省する日を楽しみに、仕事や日常生活を頑張るのだ。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

評価お願いします!

0
2020年4月10日82 PV