文章は自信を持つことや恐怖克服の助けになる。文章を書いて、心の中のモンスター(過剰な恐怖)とサヨナラしよう

文章は自信を持つことや恐怖克服の助けになる。文章を書いて、心の中のモンスター(過剰な恐怖)とサヨナラしよう

・初めに誰もが恐怖という感情を持っている

恐怖という感情は人間しか持っていないという話をどこかで聞いたことがあります。
確かに他の動物でも怖がる行動を取る場合があります。
だけど、それは今までの経験から「これは危ない」と動物が認識した結果なんだそうです。

例えば、大型犬が猫に怯えている動画を見たことがあります。
何故、怯えているのかというと子犬の頃、猫に猫パンチをやられたせいでした。
つまり、その犬は目の前にいる猫を怖がっていたのではなく、また猫に痛い目に遭わされると思っていただけです。

それは恐怖という感情になるのでしょうか。

ちなみに動画では猫がいるために階段から降りられないという現状でした。
しかし、他の犬が猫の注意をそらした結果、階段から降りることができました。
本当に猫に恐怖を感じているのなら、他の犬の助けがあっても降りることはできないはずです。

だけど、人間の場合、出会ったことのない幽霊に恐怖を感じます。
人が何故、出会ったことのないモノに恐怖を抱くのでしょう。
それは、実際に幽霊に出会った人の恐怖の体験が伝わったことによるものです。

つまり、相手の記憶も自分の記憶の一部に感じることができるからです。
その結果が幽霊に恐怖を感じるのでしょう。

なので、体験したことがないモノでも恐怖を感じることができるのは人間だけです。

・心の底にモンスターがいる

強引な考えだけど、モンスターと言えば恐怖というイメージです。

ちなみに人の心にはモンスターという恐怖がいつの間にか住みついています。
このモンスターによって自分でも分からない不安に襲われます。

しかも、このモンスターは人によって違います。

どんなモンスターでもさよならしたい。
それが心の中の恐怖に打ち勝つことです。

極度の緊張と恐怖を克服する方法、それが「サヨナラ・モンスター」になります。

しかも、この教材は筆者の6年間の集大成です。

・過剰な緊張と不安、克服するために必要なこと

心の中に存在する恐怖がモンスターとなって己の精神を襲っている。
頭の中で理解していてもなかなか、克服することができません

先にも言ったとおり、モンスターイコール恐怖の大きさは人それぞれです。

なので、人によって恐怖に対する悩みを公にすることができません。
先の例えに出した猫を怖がる犬も、ほかの犬にはその感情を理解できません。

悩んでいるけど、その悩みを人から理解されない。
理解されないだけでなく、悩んでいること自体、人からバカにされたらどうしよう。
そんな思いが不安となって心の中に蓄積していきます。

蓄積された不安は恐怖につながっています。
その結果、言葉で表せない恐怖が心の中に広がっていきます。

恐怖が広がるということはモンスターも大きくなる。
モンスターを大きくしないためにも恐怖に向かいあわなくてはいけません。

「サヨナラ・モンスター」では「最短の克服法は”知らないことを知る”」と言っています。
恐怖は闇にも例えることができ、光を与えることによって消えていきます。
その光とはずばり、恐怖について書き出してみることです。

・恐怖に向き合うために文字にする

言葉にしたら怖くなくなった。
自分が何を怖がっていたかを認識すること。
認識した結果、恐怖が薄らいでいく。

それは自分が恐怖しているモンスターの正体を見破った結果です。

実際、恐怖というものはそれ自体を理解していないことから発生しています。
ちなみに「サヨナラ・モンスター」の筆者も言っています。

「書くことで癒される。」
かなり、重みのある言葉です。

→ サヨナラ・モンスターの公式サイトはこちら

・文字を書き出すことで改善されること

「サヨナラ・モンスター」で改善した例をずらりと掲載しています。
挙げていくときりがありません。
それだけ、人の悩みは沢山だということです。

悩みから解き放たれたい。
そのための可能性を「サヨナラ・モンスター」の中に見つけ出してみましょう。

恐怖が消え去ったわけではありません。
ただ、心の中のモンスターにサヨナラできただけです。
実際、筆者もそういっています。

心の中のぐちゃぐちゃとしたモンスター。
極度の緊張や恐怖を単なる恐怖へ変換しましょう。

そのために必要なのが極度の緊張や恐怖を作り出している認知・認識をはっきりさせましょう。
そこで、文字で書き出すことが必要になります。
何故、文字にしなくてはいけないのか。

人は常に思考しています。
ぽーと何も考えていないと思っても、深層心理では思考し続けています。

ちなみに「サヨナラ・モンスター」の筆者が記載しています。
人の1日の思考回数は60000回だと。
これだけの回数なら、本人も覚えていられません。

何しろ、人間は思考を忘れることもできるからです。
そして、忘れた思考はそのまま、心の深層心理の中へと沈んでいきます。

これも人から聞いた話だけど、心は海のようなものなんだそうです。
なので、思考が沈み込んでいくような感覚を実感した人も多いはずです。

悩みを文章に書きだすということは思考の海から、思いをすくいあげることになります。

自分の思いと向き合うことが改善につながっていくのでしょう。

→ サヨナラ・モンスターの公式サイトはこちら

・人は忘れることもできるけど、思い出すこともできる

先に人間は常に思考していると記載しました。
だけど、それでは頭の中が沢山の思考が溜まりすぎてしまいます。
人間の脳にも容量があるんだそうです。

なので、必要のない思考はどんどん、頭の中から消えていくと言われています。
それが忘れるという行為になります。

しかし、忘れた思考も不意に思いだすことがあります。
忘れるといっても思考自体が消えるわけではないからです。

突然、訳も分からず恐怖に襲われる。

それは忘れたはずの思考がよみがえった証拠です。
大体、自分でも意識していない思考です。

なので、怖いと感じてもおかしくありません。

・モンスターを追い出そう

怖いけど、自分の思考から生まれた恐怖です。
自分の心が生み出したモノならきっと消し去ることができます。
それが「サヨナラ・モンスター」につながっていくことだと思います。

「サヨナラ・モンスター」のメリットは自宅でできることです。

自宅でできるので、外に出る必要がありません。

極度の緊張や恐怖で悩んでいると、外出することもできない人もいます。
なので、家にいながら恐怖を消し去ることができる「サヨナラ・モンスター」はきっと役立つはずです。

そして、身につけた知識は消え去ることはありません。
一生役立つ大切な財産になるでしょう。
しかも、この財産は誰も奪うことはできません。

ちなみに、「サヨナラ・モンスター」は教材であり購入するメリットは沢山あります。
しかも、教材の内容は新しく追加されていきます。
つまり、教材も進化していきます。

心の中のモンスターに怯えている人にとってこれだけ、心強い教材は他にはないはずです。

メールサポートは無制限なので、見捨てられたという感情がなくなります。

ただし、モンスターを追い出すのではなくモンスターを普通の恐怖へと変換することができます。

・「サヨナラ・モンスター」を購入してよく出てくる質問とは

一番に挙げられるのはどんな悩みに効果的かでしょう。
「サヨナラ・モンスター」の本文は書くことです。
思っている以上に書くということは精神に効果があります。

書く行為は考えている以上に効果があります。
書くことによって恐怖を小さくすることが可能のです。
書くことは恐怖を消す行為になっている。

つまり、「サヨナラ・モンスター」は恐怖を消す行為につながっているということです。
ちなみに心理的にも書くことが効果かあります。

実際のところ、この「サヨナラ・モンスター」の筆者自身が実感しています。
だからこそ、余計に信頼の度合いが増しています。

プラス効果があるかどうかは購入者自身が確認すること。
それが一番分かりやすいです。
しかも、「サヨナラ・モンスター」は購入後、何の効果が得られなかったら全額返金保証があります。

なので、思い切ってやってみても金銭的な不安はありません。

・努力しないでモンスターとさよならなんてできない

努力なしでモンスターがいなくなる。
それは絶対ありえません。

ただ、消せない恐怖はどうしてもあります。

それは死への恐怖です。
人はいつか死に直面します。

なので、こればかりは「サヨナラ・モンスター」を購入しても死の恐怖を消すことができません。
しかし、それ以外の悩みには効果があるということです。
全額返金保証のおかげで購入する際の不安はないはずです。

悩みはいつの間にか、消える。
そんな考えは甘いです。

だけど、努力すれば人は変わることができるはずです。
努力によって、自分が変わることができればきっとモンスターという恐怖とサヨナラができるでしょう。

・「サヨナラ・モンスター」はアダルトチルドレンにも効果的

最近、何かと話題になっているアダルトチルドレン。
アダルトチルドレンの人は機能不全家族の中で成長した人になります。
ちなみに機能不全家族とは家族を機能することができない集団になります。

そして、アダルトチルドレンの人は育つべき部分が育っていません。
なので、人にそのことをなめられたくない「ナメラレ体質」になってしまいます。

ちなみに育つべき部分が育っていないということは知識が不足しています。
中には分かっているつもりで実は全然、分かっていない。
そう言えるかもしれません。

結局、知っているのが当然ということを知らない。
知らないことが多いということは、それだけ恐怖が大きくなります。
このままだと、恐怖に飲み込まれて何も感じられなくなっていきます。

その結果、恐怖する自分の心も分からなくなっていきます。
対処するための対策として「知らないことを知る」ということをあっせんしている「サヨナラ・モンスター」が効果的です。

・「サヨナラ・モンスター」が不向きの人もいる

自分で努力せず、誰かの助けを求めている人。
やる気が全く、出ない人。
心の中に閉じこもっていることが一番だという人。
勉強なんてしたくない人。
他にも幾つあります。

結局、受身形の人にも「サヨナラ・モンスター」の教材も役にはたちません。

ここはやはり、自分から変わろうとしている人でないと効果がなさそうです。
それにモンスターを追い出すためには努力がどうしても必要です。む

出来ない人にはどんなにいい教材でも宝の持ち腐れになってしまいます。

・「サヨナラ・モンスター」の教材を作った人も同じ悩みを抱えていた

極度の恐怖・不安を克服する方法を教えることができるのは同じ体験をしているからです。
やはり、同じ境遇の者同士、理解しあえるということです。

対人恐怖、人間不信、筆者自身もまだ心中に残っているそうです。

だからといって、教材が役に立たないわけではありません。
その理由も教材の中で筆者が答えています。

全ての人間には心の中に闇が存在しています。
その心の闇の中には沢山の情報が存在しています。

教材の真の目的は症状を酷くしているモンスターという恐怖を情報や感情などのまとまりを変化させて症状を緩和することです。
その結果、根本的な原因に働きかけます。

同じような悩みを抱えている筆者だからこそ作り上げることができた教材。

それが、「サヨナラ・モンスター」になります。
筆者自身がモンスターという心の底にある恐怖に対抗するためにあらゆることを学んできています。
その結果を同じ悩みを抱えている人の助けになれるように編集しました。

→ サヨナラ・モンスターの公式サイトはこちら

・カウンセリングが無駄だとは言わない

精神的に悩んでいる人の中には心理カウンセリングを受けて、自分の闇から立ち直った人も大勢います。
だけど、カウンセリングにも限界があります。
本質的に一人が一番好きという人もいます。

中には自分以外の人間がどうしても信じられない人もいます。

心の回復のために一人になりたいと考える人がいてもおかしくありません。

そんな人には「サヨナラ・モンスター」が役立つはずです。
それは「サヨナラ・モンスター」の作者が悩みを誰にも言えない人向けに作成したからです。

・最後に

人の勝手な思い込みでダメだと勘違いしないことです。
自分で自分の心を傷つけてはいけません。

そもそも、人の弱さ、緊張、恐怖を感じることをダメと思ってはいけません。
さらにダメでもないのにダメと思いこんではいけません。

ダメじゃないことを伝えたいという作者の意思がひしひしと伝わってくる教材です。

→ サヨナラ・モンスターの公式サイトはこちら

評価お願いします!

0
コメント0533 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)