結膜炎の体験談。右目にもうつってしまい結局左目が治ったと思ったら右目も結膜炎になり大変なことに…。

結膜炎の体験談。右目にもうつってしまい結局左目が治ったと思ったら右目も結膜炎になり大変なことに…。

私は結膜炎になったことがあります。結膜炎は、まぶたが腫れて、とても痛いのが特徴です。ある日目が痛いと感じて鏡を見ると、まぶたが赤く腫れていて、すぐに病院へ行った所、結膜炎と診断されました。

目薬を処方して頂いたのですが、治るのに一週間ほど掛かりました。その間目が気になりこすってしまい、最初は左目だけが結膜炎だったのですが、右目にもうつってしまい、結局左目が治ったと思ったら、右目も結膜炎になり、大変なことになりました。

結膜炎になったら、目が気になるかもしれませんが、絶対にこすらないことが大切です。反対の目にもうつる可能性もありますし、人にも感染する恐れがありますので、目を触ったら、必ず手洗いをしなければなりません。

私の場合、子供にうつしてしまって、痛い思いをさせてしまいましたので、親として自己管理がなっていないと反省しました。結膜炎は、目が腫れるので、視界が狭くなるというデメリットもあります。結膜炎になったら、すぐに眼科を受診して、目薬を処方してもらいましょう。

そして、治療中もなるべく触らないようにして、目薬も目につかないようにささなければなりません。目も痛くなりますので、結膜炎をなめてかかってはいけません。

眼精疲労、黄斑変性症、白内障、飛蚊症、緑内障の改善に効果が期待できるルテインサプリは「危険な石油原料のルテイン」ではなくドクターズチョイスの「安全な天然100%のルテイン」がおすすめ!

目の健康には「天然100%のルテイン」

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

評価お願いします!

0
1562 PV