楽しく効率よく貯金を増やすための、貯金の知識や情報

この記事でわかること

貯金をしたいけれど、つい使ってしまって貯められないという人は少なくないでしょう。わからないまま漫然と貯金をしている人もいるかもしれません。この記事では、そのように貯金についてよくわからない人でも、貯金がよくわかって、楽しく効率よく貯金を増やすための、貯金の知識や情報を提供します。

貯金に関わる英語あれこれ

日本では、「お金を貯める」という意味を表すのに「貯金」「預金」「貯蓄」という言葉を使います。貯金とは、郵便局や農協、漁協などにお金を預けることを言います。また、貯金箱やタンス貯金等、お金を貯めるすべての行為を貯金といいます。英語では、「save」「saving」というそうです。
預金というのは、銀行にお金を預けることです。英語では「deposit」といいます。
そして貯蓄とは、投資や保険なども含まれ、かなり広い概念で資産を増やすことをいいます。これも英語では「save」です。
ただし、英語の場合は日本語のように厳密に使い分けているわけではなさそうです。貯金や貯蓄にdepositを使うことはあまりないですが、預金の場合はsaveが使われることもあります。

学生でも貯金はできる?

学生でも、もちろん貯金はできます。ただし学生のうちは、社会人ほどの収入は期待できません。また、一人暮らしの場合は日々の生活費も必要ですし、衣食住すべてにおいて何かと出費はかさみます。わずかなアルバイト代はあっという間になくなってしまうかもしれません。
しかし、その中から毎月わずかでも積み立てて、コツコツと貯金を増やすことも可能です。若いうちから貯金グセをつけておくというのは、何よりのメリットになります。収入と支出のバランスをよく考えて理解して、少しずつお金を貯めていくのです。普段貯めグセがついていないと、最初のうちは少し厳しく感じるかもしれません。しかし、少しずつでも確実に増えていく残高をみると、嬉しくてさらに貯金意欲が増すことでしょう。

貯金に役立つアプリ

スマホの普及に伴い、どんどん進化しているのがアプリです。家計簿アプリもすごく進化していて、レシートを撮影するだけのものや、カードや銀行の残高もまとめて管理できるものもあります。
それ以上に目を引くのが、ネットバンキングと連動して自動的に貯金できるアプリです。最初に設定しておけば、自分に合ったタイミングや金額に沿って自動で貯金してくれるのです。
クレジットカードを登録して利用額と設定金額の差額を貯金したり、毎日決まった額を積み立てることも可能です。銀行等の貯金商品よりも気軽に始められますし、窓口の開いている時間を気にしなくてもいいというメリットもあります。
まだ提携している銀行が少ないので、そこに口座を持ってない場合は難しいですが、新たな貯金方法として注目が集まりそうです。

ブログでわかる貯金のコツ

少し前から、貯金に関するブログを目にすることが多くなりました。お金のプロが書いたコラムのようなものもあれば、ごく普通の主婦が書いた日常の中に貯金のヒントが散りばめられているのもあります。それらを見ていると、今まで知らなかったことをたくさん知ることができ、新たな発見もあるとともに、改めて貯金の意欲が高まるのを感じます。
収入が多いから貯金が多いとは一概に言えず、平均以下の収入でも貯金の多い、言わば節約のプロとも言える人のブログも多くあります。
すべてを真似するのは到底無理に思えますが、できることを少しだけ真似してみたり、新たな知識をつけたり、読むだけでもすごく役に立ちます。まずはそういったブログを探してみて、どんどん読んでいくことも、貯金の第一歩になるでしょう。

貯金の平均額はどのくらい?

いざ貯金をしようとすると、他の人はどのくらい貯金をしているのか気になってしまうこともあるかと思います。
たとえば2人以上の世帯での貯金の平均額は、20代が184万円、30代で395万円、40代だと1128万円です。ところが多い順に並べたときの真ん中にあたる値、すなわち中央値をとると、20代は0円、30代で167万円、40代でも200万円ということになります。
あくまでも平均、中央値ですし、世帯構成や子供の年齢など、単純に比較できるものではありません。しかし貯金の平均額を知ることで、今後の自分の目標も設定しやすくなるでしょう。平均と自分の貯金額を比べて、分析をしてみるのも良いかもしれません。

貯金額の目安

人生において、様々な場面でまとまった金額が必要なことは多々あります。年齢を重ねて働かなくなっても、日々の生活費は必要です。ライフステージによってどの程度お金が必要かを考えてみると、貯金額の目安もわかるでしょう。
例えば子供1人を育てるのに、食費や教育費などすべてで1500万から2000万円ほどかかると言われています。進学する学校によって差は出ますが、目安としては大学まですべて国公立でも学資だけで1000万円ほどです。
また、老後の資金は1人あたり3000万から5000万円あれば安心だと言われています。目安ですので、生活スタイルによって大きく差が出てきます。
その他にも結婚、車、住居とお金が必要な場面はあります。人生設計を考えてみて、貯金の目安を割り出してみるのも大切です。

確実に貯金するための方法

貯金をしようと思っているのに、気がつけば収入をすべて使ってしまっていた経験はありませんか?
貯金箱に小銭を貯めていたのに、つい開けて使ってしまった経験はありませんか?
確実に貯金するための方法、というのはなかなか見つけるのは難しいかもしれません。方法といっても、お金を貯めるという行為は同じです。ただ、どこに貯めるかは工夫できそうです。
月々の給与から天引きし、定期など簡単には下ろせない口座へ入れてしまう方法、何か道具を使って壊さないと取り出せない貯金箱を使う方法等、貯金すると決めたお金は、手元に置いておかずにすぐに別の場所へ移動させると良さそうです。そしてそのお金はないものとしてやりくりするのが、確実に貯金できる方法といえるでしょう。

先取り貯金のメリットとデメリット

先取り貯金とは、収入から先に貯金分を取り分けて貯金していくことです。財形貯蓄など、給与天引きで貯金するのも先取り貯金の一種です。
先取り貯金のメリットとしては、うっかり使ってしまうことがないということがあげられます。収入から先に貯金分を取り、残りで生活のやりくりをするので、確実に貯まっていきます。
その反面、月によって収入にばらつきがある場合は、使える生活費が減ってしまうというデメリットもあります。収入の最低額を考えてから先取りの金額を決めると、無理なく続けていけるでしょう。
何事においてもメリットとデメリットはあります。メリットもデメリットも十分考慮して、上手に貯金していきましょう。

貯金を増やす口座の活用方法

銀行口座はいくつ持っていますか?
一般に、給与振込口座を持っていれば、生活費に使ったり光熱費等の引き落としを穴口座で設定することが多いかと思います。
さらに積極的に貯金しようとするなら、貯金専用の口座を作ることをおすすめします。そしてその貯金専用口座は、支店やATMが遠く、簡単には引き出せない銀行で開設すると良いでしょう。貯めると決めたお金は、その目的以外のことでは使えないようにするのです。貯金用の口座は、比較的金利の高いネット銀行を利用するのもおすすめです。複数の銀行で口座を開設するのが面倒なら、貯金用の口座はキャッシュカードを作らなくても良いかもしれません。キャッシュカードがなくても、必要なときには窓口で引き出せます。窓口へ行かなければならないので無闇に使うこともできません。
いずれにしても、簡単に出せない口座を貯金専用にすることです。

貯金を増やすコツ

現在、日本国内の普通預金の金利はほぼ0パーセントです。ただ口座に入れておくだけでは貯金は増えないので、自分で考えて増やしていかないといけません。
銀行や信金、農協などの金融機関には、貯金を増やすために役立つ商品がたくさんあります。貯金を増やすコツを考えるのであれば、それらの商品を上手に使うのが何よりのコツになるかもしれません。
金利の良い定期性の貯金や、毎月自動で決まった額を貯金できる自動積立を活用するのがコツです。また、最近では比較的リーズナブルに利用できる投資信託やNISAも人気です。リスクは低く、普通の貯金よりもお得な利回りのものを見つけられたら、貯金もしやすくなるでしょう。

まとめ

貯金と一口にいっても、とても奥が深いものだと言うのがわかっていただけたでしょうか。貯金とは、一言で言えばただお金を貯めることですが、方法やコツを探していけば、すごく多くのものが見つかります。まずは色々試してみて、取捨選択して、自分に合った方法をうまく見つけることができれば、それまでよりもぐんと貯金がしやすくなったと感じられることでしょう。
口座を管理して預金で増やしていくのがいい人もいれば、株やFXなどで運用して増やしていくのが向いている人もいます。まずは自分に合う方法を探すことが、貯金の第一歩になります。もし今思うように貯金できなくて留まっているのであれば、もしかしたらそれは自分に合う方法ではないのかもしれません。

評価お願いします!

0
コメント079 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)