森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

誰もが気になるヘアスタイル!髪型は沢山の種類と長さがあって季節によっての楽しみかたや流行やセンスなどを用いて楽しもう!

この記事でわかる事

女性なら誰もが気になるヘアスタイルについて詳しくわかりやすく説明しています。
特に髪の長さやそれぞれの髪型の特徴、メンズのヘアスタイルについてなどを中心にそれぞれの髪型のメリット、デメリットを的確に説明したいと思います。これからしてみたい髪型やカラーリングの参考に少しでもなれれば幸いです。

ミディアムのヘアスタイル

ミディアムのヘアスタイルとは一般的には顎より長く、肩にかかる程度までの髪型の事を言っているようです。一般にボブと言われている髪型はミディアムに入ると思いますが、ショートボブと言って襟足の形を作りレイヤー(深めの段)の入った形やグラデーションボブと言って襟足の形を作りグラデーション(浅めの段)を入れた形もあります。カラーリングをしても、パーマをかけてもストレートパーマをかけてもミディアムヘアは1番扱いやすいのではないかと思います。
また男性にもミディアムヘアは人気があるようです。

メンズのヘアスタイル

現在のメンズのヘアスタイルは刈り上げからロングヘアまで沢山あります。少し古いですが、江口洋介さんが東京ラブストーリーでサラサラのミディアムヘアだったように、メンズもなんでもアリ の時代です。最近は韓流などの人気から刈り上げスタイルがまた流行ってるようです。刈り上げスタイルでも普通に刈り上げるよりも、ツーブロックやツーセクションといったスタイルが好まれているようです。サイド(耳まわり)はみじかくしたいけれどフロント(前髪)は長めにしたいことからこのツーブロックやツーセクションが流行ってるように思います。

40代のヘアスタイル

最近は40代と言っても若く見える人が多いようで、20代と大差はないように感じます。10代には(特に中学生)には独特の流行がありますがまだ自分に似合うヘアスタイルがピンとこないからなのかなと思います。さて40代のヘアスタイルですが20代と大差はありませんが、やはりお母さん世代になりますので無難を求めている人が多いようです。同じミディアムスタイルでも20代は前髪を思いきって短く切り揃えてパッツン前髪を取り入れたり、左右非対称に斜めに切り揃えてアシンメトリーな前髪にしたりと個性を出したがるのに対して40代になると目立たないような落ち着いた感じを好むのではないでしょうか。
特に前髪は眉下で毛先を不揃いにした自然な感じを好む人が多いように思います。また髪の長さはミディアムヘアからショートボブ位までの長さを好む人が多く極端に短いベリーショートや極端に長い間スーパーロングヘアの人は少ないように思います。もう少し年齢があがると大竹しのぶさんのようなベリーショートの人も増えてくるように思います。

ショートヘアにしたい人

ショートヘアはなかなか勇気が出ないヘアスタイルですよね。ショートヘアにする場合は初めての美容室だったり、値段の安い美容室で混雑していて技術者が指名できないなどの美容室ではない方が良いと思います。やはり技術に差が出てしまうのがショートヘアです。特に長い髪をバッサリ切る時は慎重に美容室を選んで下さい。長い髪をずっとしていると長いヘアスタイルのくせや、よく髪を縛っている場合は縛りぐせもついているのでショートになじまないのです。そのため余程、髪質が良い場合を除き技術が必要になります。
またセンスも必要なので何度も通っていて信頼できる美容師さんを選びましょう。
ショートヘアは無限に遊べるヘアスタイルでスタイリング次第で知的にもルーズにもなります。
一度は挑戦してみたいですね。
リスクは寝癖がつきやすい事です。スタイリングが苦手だったり、朝忙しい人や美容室に頻繁に行かない人には不向きかもしれません。

セミロングのヘアスタイル

セミロングはミディアムヘアと同じです。ヘアスタイルも1番扱いやすい長さと言えるでしょう。
長さもちょうど良いし寝癖も沢山レイヤーを入れてなければつきにくいです。髪の量を調整してもらえばシャンプーもドライもスタイリングも楽ちんで男性うけも良いヘアスタイルがとても多いです。毛先をにしっかりワンカールからS字カールでパーマをかけてもらえば巻き髪風も簡単にできます。とても扱いやすくヘアカタログなどのヘアスタイルも1番沢山載っている長さです。

最近の女性の流行りの髪型は

最近の女性のヘアスタイルの流行は特にこれと決まっていない方が多いですね。昔は聖子ちゃんカットや明菜ちゃんカットなど流行があってみんなが同じ髪型をしていた時代でしたが、色んな髪型が出尽くしてしまっている今は自分の個性を大事にしているので、それぞれ流行りの髪型は違うように思います。もちろん芸能人のファンであれば同じ髪型をする人もいるのでしょうが、それが流行になり過半数が同じ髪型になる事はないと思います。それでも季節によっては秋から冬の間は長くしていて春になるとボブにしたくなったり、夏は縛れるように伸ばしていくなどそんな流行りはあるようです。カラーリングも春から夏はアッシュ系やマット系などのクールなカラーリングで秋から冬はピンク系や赤系などの暖かみのあるカラーリングをする人が多いように感じます。

ボブヘアの髪型にしたい人

ボブヘアは一般的に好まれるヘアはスタイルだと思います。幼少から小学生の低学年位に多い髪型でもあるため、大人になって前髪のあるボブヘアにすると若く見える効果もあります。
前髪がないボブヘアは少し知的な感じに見える効果もあります。一般にボブヘアはレイヤーなどの段はつけない事がポピュラーで軽くする場合は内側の髪をすいて軽くするなどの方法をとります。また本当に少しの表面の毛先だけレイヤーに見えないようになじませながら軽くする場合もあります。そのため短めなボブヘアでも寝癖はショートヘアよりつきにくいと言えるでしょう。
セミロングやロングほどではないですが扱いやすくて乾かしやすいヘアスタイルです。

ロングの髪型にしたい人

ロングヘアは伸ばすまでが大変ですが、伸ばしてしまえば寝癖が1番つかないヘアスタイルです。寝相があまりにひどい人は別ですが…
パーマヘアも毛先にかけられるので、パーマによって老けてみえる心配もありません。リスクはシャンプーとドライが大変な事と毛先の傷みがでてきてしまう事です。長ければ長いほど毛先は傷みます。シャンプーの回数や紫外線にさらされている回数が根元と毛先では全然違う事やスタイリングの時のドライヤーやアイロンなどのストレスも毛先は何度もうけているためどうしても傷みがでてきてしまうのです。
ストレートの場合も同様ですがサラサラのロングヘアは素敵で憧れますよね。1度はスーパーサラサラロングヘアにしてみたいものですね。

髪型をショートボブヘアにしたい人

ショートボブとボブの違いは一般的には襟足をショートにするかしないかです。襟足をショートにする事でサイドの髪が短めのボブヘアになります。ショートボブは個性の強い髪型であると思います。ショートボブの著名人で思い浮かぶのはデザイナーのコシノジュンコさんですね。襟足の部分が刈り上げになっていると更に個性的です。
レイヤーのないボブヘアとレイヤーの入った襟足でできるヘアスタイルなので個性的に見えるのかもしれません。ショップの店員さんなどにも多いかもしれません。ショートヘアの中では1番寝癖がつきにくく洗うのも乾かすのも楽チンなヘアスタイルだと思います。ショートヘアに挑戦する前にショートボブにするのも良いと思います。

髪型のアレンジ

髪型のアレンジは色々やってみたいけど難しいからできない人も多いのではないでしょうか。
テレビなどで話題になったクルリンパは少し緩めに縛った髪の毛のゴムより上の髪の毛を半分にしてわかれた真ん中にゴムより下の毛先を外から内にとおします。通したらゴムを根元までぎゅっと絞って出来上がりです。またポニーテールも巻いた毛先にしてテールの位置を少しサイドよりにずらすだけで、巻いた毛先がサイドから見えるので素敵になると思います。またサイドだけを編み込むヘアアレンジも一般的ですが編み込みは技術が必要なので不器用な人は少し難しいかもしれません。最近はヘアアレンジが簡単にできる髪飾りなども売っているので、それを利用するのも良い方法ではないでしょうか。

まとめ

このように髪型は沢山の種類と長さがあって季節によっての楽しみかたや流行やセンスなどを用いて楽しむ事ができます。挑戦してみたい髪型や長さは見つかりましたでしょうか。少しでもお役に立てたなら幸いです。

評価お願いします!

0
コメント027 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)