甲本ヒロトは老若男女問わず愛される人でありハマったら抜けられない魅力がある!

この記事で分かること

甲本ヒロトの歴史、プロフィール、趣味などが分かります。甲本ヒロトは日本を代表するロックンローラーであり、数々の名曲を残したシンガーソングライターとライターでもあります。独特のライブパフォーマンス、心に突き刺さる歌詞、ファッションや趣味などありとあらゆることが分かります。甲本ヒロトは老若男女問わず愛される人であり、ハマったら抜けられない魅力がある方なので、どんどん好きになっていくことでしょう。

甲本ヒロトの好きな曲ランキング

甲本ヒロトはブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズ、ソロと様々なバンドで活躍してきました。そんな中でトップファイブの曲のランキングを紹介致します。一位リンダリンダ。ドブネズミみたいに美しくなりたいという新しい日本語は今も色褪せず、パンクの基本となる音楽として、多くの方に愛されています。二位情熱の薔薇。ドラマの主題歌やCMソングなど、誰もが一度は聞いたことがある名曲です。三位人にやさしく。パンクなのに頑張れと叫ぶこの歌は当時は異質の歌でした。四位日曜日よりの使者。フレーズが痛いほど耳に残る名曲です。五位雷雨決行。クロマニヨンズとして、ストレートな歌詞が魅力です。

甲本ヒロトの趣味

甲本ヒロトの趣味はもちろん音楽ですが、その他にも様々な趣味があります。まずはバイクです。バイクに関する歌も多く、バイクに乗るのが一つの趣味です。もう一つは、昆虫好きです。自分でクワガタを飼うなど、昆虫が大好きな一面があります。好きな食べ物は豆です。甲本ヒロトは、基本バターなどを使って野菜や豆を食べるのが好きです。好きな歌手は幅広く70年代のパンクをはじめ、ブルース、フォーク、レゲエなど幅広く知識があり、大好きです。色々な音楽を知っているからこそ、音楽自体がシンプルになり、誰もが納得する音楽を発しております。

甲本ヒロトの歴史

1985年にブルーハーツを結成1987年にメジャーデビューし、たった一年で武道館の舞台に立ちました。熱狂的なファンを持ちながら、残念ながら1995年にブルーハーツ解散しました。その同年、ブルーハーツ 時代からの盟友真島昌利とハイロウズを結成、こだわったロックンロールを?き鳴らし、多くのファンを獲得するも2005年に活動休止しました。ソロでシングルを出しつつ、バンドが良いと諦めて、2006年には真島昌利とクロマニヨンズを結成、未だに若者さえ取り込みつつ、活動を続けております。そして、未だに日本を代表するロックンローラーとして、君臨し続けております。

甲本ヒロトの魅力

甲本ヒロトの魅力は様々ありますが、過去にこだわらない生き方というのが、多くのファンを獲得する理由です。バンドを解散すれば、前のバンドの曲は演奏しないという過去にこだわらない生き方が多くの人の憧れとなり、彼の魅力でもあります。昔の曲にすがるミュージシャンが多くいる中、あえて過去を捨て、今を生きるという彼のスタイルは多くファンを獲得しています。そのスタイルは、他のミュージシャンでは考えられなく、彼独自の視点であり、それが多くのファンを獲得する理由なのかもしれません。

甲本ヒロトの出身

甲本ヒロトの出身は岡山県であり、実家はかつてクリーニング屋を経営していました。弟は俳優の甲本雅裕であり、数々のドラマや映画に出演しています。弟の出るドラマや映画は必ず見ているという弟思いの一面もあります。岡山県では優秀という高校を出でおり、法政大学に進み、中退しています。

甲本ヒロトのファッションについて

甲本ヒロトはグラフトというブランドを愛用しており、おしゃれな一面もあり、ファッション誌にも度々登場しています。スニーカーはコンバース、ブーツはドクターマーチン、革ジャンはルイスレザーやショット、TシャツはバンドTシャツなど、ファッションにもロックンロールを取り入れていることもあり、ファッションからもロックファンを納得させています。ファッションも独特であり、Tシャツを下に履くなど、独特のセンスを持ち合わせております。ブルーハーツ デビュー当時はボロボロのダメージジーンズを履くなどバブルと真逆のファッションが注目を浴びました。今では50歳を過ぎましたが、未だにファッション誌に登場するなど、ファッション面に関しても多くの影響を与えています。

甲本ヒロトの好きな映画

甲本ヒロトは映画に関する曲も多く、映画好きで知られています。チャーリーとチョコレート工場などで知られるティムバートンやジェーンなどの昔の映画、スクールオブロックなどの映画にコメントを寄せたり、映画好きで曲にも大きな影響を与えています。ハイロウズ時代に映画という直球な曲も書いており、映画からも大きな影響を受けている人です。甲本ヒロトが紹介した映画はファンも見ていることも多く、多大な影響を与えています。

レコード愛について

甲本ヒロトは未だにレコードを愛しており、今現在も自分の出す音楽はCDだけではなく、レコードでも出しているという徹底用です。レコードの方が音が良いというのがこだわりであり、レコードコレクターとしても優秀です。海外にレコーディングやライブに行った時には必ずレコード屋に行って多くのレコードを買い漁っているレコードマニアでもあります。

甲本ヒロトとスポーツ

高校野球は嫌いと発言していたこともある甲本ヒロトですが、NBAは好きで、ヒューストンロケッツのファンです。たまに夜中にヨーロッパサッカーのチャンピオンズリーグを見るなどの発言もしています。甲本ヒロト自身はスポーツはしていませんが、特定のスポーツは見ることがあるようです。かつてDragon Ashの降谷建志と対談した時もNBAやチャンピオンズリーグを見たとの発言をしており、スポーツはそれほど熱中はしていないながらも、見ることはあるようです。

甲本ヒロトの交友関係

甲本ヒロトの交友関係は、謎が多いです。音楽関係の人間関係はあるのですが、芸能人でいうと、ダウンタウンの松本人志の結婚式の二次会に呼ばれたり、タモリと飲みに行ったりなどの交友はテレビなどでも話題になりました。名曲の日曜日よりの使者はダウンタウンの松本人志がモデルとなっているという説もあり、ハイロウズ時代にアルバムのジャケットを松本人志に書いてもらうなど、交友関係は多彩です。昆虫好きで、東大の名誉教授の養老孟司と対談したという経由もあります。浅草キッドの水道橋博士とは、高校時代の同級生ということもよく知られています。

甲本ヒロトに影響を受けた人

甲本ヒロトに影響を受けた人はたくさんいます。音楽関係では、最近では山下達郎が好きだと発言したり、今はなき、忌野清志郎が絶賛したり、銀杏ボーイズ、ガガガSP、サンボマスターなど多くのミュージシャンが影響を受けています。吉本バナナなどの小説家や、芸人もスピードワゴンの小沢や二丁拳銃、ダウンタウンの松本人志、ビートたけしなど、多くの方がファンを公言しています。漫画家ではろくでなしブルースで本人が登場人物として登場したり、クローズの作者や世紀末リーダー伝たけしの作者もファンだったと公言しています。甲本ヒロトの音楽は、音楽関係者だけでなく、様々な方に影響を与えています。

甲本ヒロトのエピソード

誰もが知っているブルーハーツ時代の名曲リンダリンダにはエピソードがあります。盟友真島昌利とバンドを組んだがやる気のない甲本ヒロトがばってんロボくんというアニメに夢中になっていて、真島昌利にテレビを捨てられたというエピソードがあります。その時にやばいと思い作った曲がリンダリンダというエピソードがあり、未だにファンの間で語り継がれるエピソードです。ばってんロボくんがなければ、この日本を代表するパンクソングがなかったという笑い話があります。

甲本ヒロトの弟は?

甲本ヒロトの弟は俳優の甲本雅裕であり、NHKの大河ドラマをはじめ、多くの民放のドラマや映画などにも出ている個性派俳優です。甲本ヒロト自身、弟の出ている作品は見ていると雑誌で公言しており、兄弟愛が見えます。意外に2人が兄弟ということは知られていなく、教えてあげると、トリビア的な要素で盛り上がります。日本を代表するロックンローラーと、個性派俳優が兄弟ということは、やはり何か生まれ持った血筋や環境が要因なのかも知れません。現在も甲本雅裕は、名脇役として、多くのドラマや映画に出ています。兄については、僕より謙虚な人と発言していたこともあり、甲本ヒロトも弟の作品は必ずみているというかとから、仲は良いのだと思われます。

甲本ヒロトの奥さんは?

甲本ヒロトの奥さんは一般的に情報が乏しいのですが、高校時代の同級生と言われています。高校時代、たけし軍団の水道橋博士とと同級生というのは有名な話で、甲本ヒロト夫婦が2人で水道橋博士の自宅に遊びに行ったというエピソードが水道橋博士の本に書かれています。それ以外あまり情報はありませんが、甲本ヒロトの奥さんはとても大人で、甲本ヒロトが自由すぎるが故に、いつもアドバイスをくれるという話もあります。奥さんについての詳細や写真はありませんが、会ったことがある人の話からとても素敵な人だと想像がつきます。

甲本ヒロトは病気?

甲本ヒロトはライブパフォーマンスが独特すぎるが故に、病気などと思われがちですが、プライベート面においては、とても冷静で知的な方なので、病気ではありません。初めてライブパフォーマンス見た方は、頭がいかれている、おかしいなどの価値観を抱く方がいますが、これこそがロックンロールであり、唯一無二のライブパフォーマンスなのです。ロックンロール好き以外にはあまり理解できないかもしれませんが、彼のロックンロールスタイルは他の誰にも真似することが出来ない唯一無二のロックンロールなのです。このスタイルを理解できない方はいるかもしれませんが、ロックンロール好きならば、誰もが熱狂してしまうスタイルです。

甲本ヒロトの名言は?

甲本ヒロトは名言をたくさん残していることで有名です。本当にいいものが売れているならば世界で一番美味いラーメンはカップラーメンだ、ロックンロールは最後の価値観。ロックンロールには人類がまだ把握できない価値観が存在するんだよなどと、ミュージシャンとして歌としての名言だけではなく、雑誌やテレビなどでも多くの名言を残しています。それを歌詞にしてくださいという声も多く存在しますが、歌詞はどこか隠して気づいていれと言わんばかりの歌詞が多いので、甲本ヒロトのファンは雑誌などに登場すれば、彼の言葉わ求めて、必ず雑誌を購入することという方がとても多くいらっしゃいます。甲本ヒロトの言葉にはブレがないことから、多くの方に賞賛を得ております。

甲本ヒロトの歌い方は?

甲本ヒロトの歌い方は、全身をくねらせて、驚くほど激しく動き、舌をペロペロして、全力で歌うという、他の誰にも出来ない歌い方です。元関ジャニ∞の渋谷すばるも彼の音楽に影響を受けており、ライブでは甲本ヒロトの影響を大きく見せています。甲本ヒロトの歌い方は、ロックンロールファンを熱狂させ、海外ミュージシャンしか聞かないが、甲本ヒロトの曲だけは聴くという方もいるほど、音楽に対して凄い情熱があるファンがつくことが多いです。とにかく全身全霊で歌うその姿は、多くの方を熱狂させて、多くの方を虜にしてしまいます。歌い方一つで、これほどファンを熱狂させることが出来るのは、甲本ヒロトしかいません。

甲本ヒロトは天才か?

甲本ヒロトは天才です。それはブルーハーツ としてのデビュー曲の人のやさしくという曲を出した時から、天才と呼ぶ方が多くなりました。人にやさしくという曲は、パンクサウンドに頑張れなどと歌詞を乗せた応援歌なのですが、パンクとは元々反逆的な音楽が主流であり、パンクサウンドで頑張れと歌うこと自体ほとんど禁句でした。そんなコロンブスの卵的な発見をした甲本ヒロトは天才であり、音楽を当時やっていた方は、やられたと思ったでしょう。いつか誰かやるだろうと思っていたことをさらりとやり遂げた甲本ヒロトはやはり天才です。今でも多くのミュージシャンが彼のファンを公言し、天才と発言していることから、日本代表のロックスターとして、今も君臨しています。

甲本ヒロトの今は?

甲本ヒロトは、ブルーハーツ、ハイロウズを経て、今はクロマニヨンズとして活躍しています。50代に突入した今も精力的にライヴ活動を行い、未だに若いファンも獲得しています。今も生きる伝説として彼は今を生きています。かつては、ブルーハーツ、ハイロウズのバンドを組んでいたこともあり、名曲はたくさんあるのですが、昔のバンドの曲は一切演奏せず、クロマニヨンズはクロマニヨンズとしての音楽しか行いません。彼は今が大切とよく発言していることもあるので、過去にこだわらず、本当に今だけを生きている方です。その今を見る生き方が多くのファンを獲得する理由の一つなのかもしれません。今でもアルバムはランキングトップ10に入り、一年ペースで毎年アルバムを出しているという、精力的な活動は素晴らしいです。

甲本ヒロトのインタビューとは?

甲本ヒロトはインタビュー嫌いとしても知られています。今はだいぶ落ち着いたのか、度々雑誌やテレビに出ますが、若い尖っていた時は、適当なインタビューを答えたり姿も見られました。しかし、彼のインタビューは、独特であり、名言が多いので、彼の言葉を欲している方は、必ず雑誌を購入したり、テレビを録画する方も多くいらっしゃいます。雑誌の写真もあまり好きではなく、テレビに出るのも嫌いと発言していたこともあることから、あまりインタビューは好きではないと自らも語っています。彼が本当にしたいことは、有名になったり、お金を儲けたりすることではなく、ライブを楽しみたいということなので、インタビューは一つの仕事と割り切っているのかもしれません。しかし、ファンとしては少しでも彼のインタビューを聞きたいという方が多いので、少しでもメディアに出て欲しいという声がたくさんあります。

甲本ヒロトの実家は?

甲本ヒロトの実家はかつて岡山県でクリーニング屋を営んでいました。昔は岡山にライブで行くと、バンドメンバーに実家のクリーニング屋をよろしくなどといじられていたこともあります。父親がクリーニング屋で働く姿が一番カッコ良かったなどとの発言もありました。同じ岡山県出身としてかつて高校の同級生に、浅草キッドの水道橋博士がいることは、とても有名な話です。今はあまり見られませんが、当時は岡山弁が抜けずにいて、都会でも気取らない性格が受けていました。

甲本ヒロトが起こした事故とは?

甲本ヒロトは、2018年の7月にバイクの運転で事故を起こしました。転倒して、鎖骨と肋骨を折ってしまうという重症でした。この事故がきっかけで、ライブが延期になるという事態になりました。事故に関しては、詳細は少なく、転倒したこと以外分かってはいません。甲本ヒロトの歌には、バイク関連の歌も多く、バイク好きと知られており、バイク雑誌には度々出ることもありました。そんな中何よりも大好きなライブを行えなかったということや周りの方に迷惑をかけたことは、とても辛かったでしょう。

甲本ヒロトのまとめについて

甲本ヒロトは、ブルーハーツ、ハイロウズを経て、クロマニヨンズに至っています。ブルーハーツ時代から揺るぎのないライブへの情熱、音楽の情熱は今も多くのファンを獲得しています。ライブに行けば、ブルーハーツ時代からのファンや新しい若いファンなど、様々な年代が見られるのも、面白いです。甲本ヒロトの魅力は言葉では上手く伝えにくいので、とにかく彼の音楽を聴いて、ライブ行って欲しいです。甲本ヒロトは一度知ってしまうと、スルメのように噛めば噛むほど味が出てきて、どんどん好きになってしまうという魅力があります。今は50代に入っていますが、ライブの本数は若者にも真似できないくらい行なっていますし、CDアルバムも毎年出しているので、その凄さには脱帽します。昔の曲にすがることなく、今を生きる彼の姿は、多くの方に夢と感動を与えています。甲本ヒロトは、日本を代表するロックンロールローラーであり、海外からもフーファイターズのデイヴが絶賛したり、海外からも注目されているので、これからも甲本ヒロトから目は話せません。

最後に甲本ヒロトを語る

甲本ヒロトの魅力は計り知れません。スルメのように噛めば噛むほど味が出る人間として不思議な存在です。高校時代の同級生と結婚しているという噂は聞きますが、彼のプライベートに関しては分からないことが多いです。ディズニーランドが好きという話もあり、イッツアスモールワードが好きで、中を見せないから魅力があるのだと語っていたこともあり、あえてプライベートを語らないことにより、魅力が増すということを自覚しているのかもしれません。神様なんかに会いたくねーなどの歌もあり、宗教嫌いの一面もあり、誰にも媚びない姿勢が多くのファンを獲得する理由の一つなのかもしれません。甲本ヒロトの熱狂的なファンは多く、一度ハマったら抜けられません。

Amazonの「甲本ヒロト」に関する商品一覧はこちら

評価お願いします!

0
コメント0118 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)