「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

「事実を元に1つ1つ進めて解決すること」は、自己肯定感どころか自尊心や自信を高めてくれます。目の前にある自分の問題を明確にして問題解決に挑むことが大事なことです。こういった積み重ねは「大きな自信」に繋がります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

自分を好きになるといいことがたくさん!自分を好きになるメリットや方法とは

突然ですが、あなたは自分のことが好きですか?

自分のことが嫌いではないにしろ、声を大にして「私は自分のことが大好き!」と言える人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

しかし、私たちが充実した人生を送るためには、自分を好きになることが欠かせません。

ここでいう「自分を好きになる」とは、ナルシストになることとは違います。

ありのままの自分を認めて、自分のことを好きになる、ということ。

とはいえ、自分を好きになろうと思って簡単に好きになれれば苦労はしません。

ここでは、自分を好きになるメリットや方法について、紹介していきます。

自分を好きになって充実した人生を送りたい!と思っている人、必見です。

自分を好きになれない最大の原因は?

そもそもなぜ、自分を好きになれないのでしょうか。

人には元々「ありのままの人を好きになる」気持ちが備わっているのですが、
・否定されたトラウマ
・コンプレックス
などから、ありのままの自分を受け入れられなくなっています。

このような人は完璧主義者であることが多く、減点方式で自分を評価していることが多いです。

「見た目が可愛くない」「太っている」といった見た目のことから、「年収が低い」「ネガティブな性格」など内面のことまで、○○がダメだというふうに見ていませんか?

減点方式で自分を評価すると悪いところばかりが目につき、良いところが見えなくなってしまいます。

他人にどう思われているかばかりが気になって、自分の良いところを認められなくなっているのです。

自分を好きになれない最大の原因は、「自分の良いところが分からない」ことだと言えるでしょう。

本当はそんなことないのに、良いところがないからダメだと思ってしまっているのです。

つまり、自分で自分を嫌がっている。心理的に自分を虐待しているということです。

自分を好きになるメリット

自分を好きになると、どんなメリットがあるのでしょうか。

考えられるメリットを挙げてみました。

・他人の目が気にならなくなる
・人間関係が良くなる
・良い意味で楽観的になれる
・魅力的になれる

自分を好きになるということは、すなわちありのままの自分を認めてあげるということ。

そうなると、たとえ失敗をしたときや何か行動をするときに、他人の顔色伺いをしなくてすむようになります。

自分を好きになれないとき、大抵の場合は人の目が気になって仕方がないもの。

他人からどう思われているかが気になり、顔色ばかりを伺ってしまうのですが、自分を好きになれば堂々と過ごすことができ、人の目が気にならなくなるのです。

また、人間関係が良くなることで人を愛することができ、愛されるようにもなるでしょう。

楽観的になるというのは「どうでもいい」と投げやりになることではなく、ネガティブにならずに楽しく過ごせるということ。

自分を好きになると、内面から自信が満ち溢れてくるので見た目も中身も魅力的に見えるようになります。

自分を好きになるとこんな効果が

自分のことを好きになると、どんな効果が得られるのでしょうか。

「自分のことを好きになるメリットは分かったけど、具体的にどんな効果があるの?」と思う人もいますよね。

自分のことを好きになると、こんな効果が得られます!

・幸せな気持ちになる
・不安や恐れがなくなり、積極的になれる
・自信がわいてくる

自分を好きになると、自然と自信がわいてきます。

自信がつけば、いろいろなことをやりたい!と思えますし、自分から積極的に行動できるようになるでしょう。

自分を好きになると、「自分は自分なんだ」と割りきることができ、たとえ嫌われても気にならなくなるのです。

つい回りの目ばかりを気にしてしまいがちですが、自分を好きになることで回りの目が気にならなくなるのは素晴らしいですよね。

おどおどしていた日々が嘘のように、楽しい日々に変わるはずです。

しっかりと前を向いて歩けるようになるので、周りの景色も違って見えてくることでしょう。

自分を好きになると幸せになる

あなたは、幸せになるためには何が必要だと思いますか?

お金、容姿、友人、恋人。

今こうして思い浮かぶものは、確かにあなたを幸せにするために必要かもしれません。

しかし、それは本当の意味での幸せとは言えないでしょう。

これでは、お金がなくなったら、顔に傷ができたら、恋人と別れたらあなたは幸せではなくなってしまいます。

本当の意味での幸せを手に入れるために欠かせないのは、自分を好きになること。

むしろ、自分を好きになることから幸せが始まるとも言えるでしょう。

自分を好きにならなければ、幸せになることはできません。

回りからどう見られても幸せだと思えるのは、自分を受け入れているから。

ありのままの自分を受け入れて肯定することで、幸せだと感じられるようになります。

つまり、自分を好きになることは幸せのための第1歩ということですね。

自分を好きになると恋愛がうまくいく

世の中にはモテる人とモテない人とがいますが、それは単純に見た目だけの問題ではありません。

可愛くてもモテない人もいますし、逆に可愛くなくてもモテる人もいます。

これは、自分を好きになれた人がモテると言い換えることもできます。

なぜなら、自分のことが好きではないと、他人に自分の魅力を伝えることができません。

「私なんて…」と常に思っていると、他人に自分のいいところを伝えることなどできませんよね?

また、自分を好きになれない人は他人のことも減点方式で見てしまうので、他人の魅力に気付くこともできません。

無条件で「その人であるだけで好き」という感情は誰もが持っているのですが、それを感知できなくなっている、ともいえます。

自分を好きになれば他人のいいところもたくさん見つけられるようになるので、自然と恋愛もうまくいくようになるでしょう。

自分を好きになるための魔法の言葉による自己暗示

自分を好きになるためには、どうすればいいのでしょうか。

「好きになろう」と思ったところで、簡単に好きになれるわけではありません。

自分を好きになる方法の1つに、魔法の言葉による自己暗示があります。

自分のなりたい姿をインプットすることで、自分のことを好きになれるように促すのです。

ネットで「自分を好きになるための魔法の言葉」と調べるとたくさん出てくるのですが、私がいいなと思ったのは、

「できる範囲がパーフェクト」

という言葉。

どんなにすごく見える人でも、完璧な人などいません。

できない日やできないことがあってもいいのです。

自分ができる範囲でやり遂げたと思えるのなら、それはパーフェクトな結果だということ。

ただしこれは、「頑張らなくてもいい」ということではありません。

頑張った結果なら、どんな結果でも受け止めてあげようというものであり、自分なりに頑張ればいいのです。

頑張らなくていいというわけではないので、そこは勘違いしないでくださいね。

自分を好きになる方法は鏡を見て自分を全肯定する

自分のことが好きではない人は、1日のうち鏡を見る回数が少ないです。

可愛くない、二重まぶたではない、鼻が低いなど、鏡を見ると自分の外見のコンプレックスが明るみになってしまうため、鏡を見ることが少ないのです。

しかし、自分を好きになるためには鏡を見ることが大切。

そして、鏡を見ながら自分のことを褒めるのです。

少しずつではありますが、自分のことを褒める=肯定することで、だんだんと自分のことが好きになっていくはずです。

特に、自分のコンプレックスを褒めると効果的。

鏡をたくさん見て、その都度褒めてあげましょう。

もしも自分を褒めるなんて難しいというときは、鏡に映っているのは「自分そっくりの別の人」だと思い込むといいでしょう。

具体的に褒めることが理想ですが、できないときには「可愛いね」「笑顔がいいね」など、当たり障りのない褒め言葉でもOK。

どんな言葉であっても、「自分で自分を褒めた」という結果は残るので、自分を肯定する方法としてはおすすめです。

自分を好きになるためにはこんな行動が大切

自分を好きになるためには、小さな目標を立てて毎日それを達成していくことがおすすめ。

達成感や満足感は、自分を好きになるためには重要な素材となります。

「一日一善」という言葉があるように、誰かのためになることを行ってみましょう。

難しいものではなく、簡単なことでかまいません。

たとえば
・トイレ掃除をする
・布団を干す
・道端のゴミを拾う
など。

また、心とカラダは繋がっていると言われるので、ヨガやピラティスなどでカラダの芯を鍛えることで、前向きな気持ちになれるようになります。

自分を好きになるためには、前向きな気持ちになることが必要不可欠。

そんな前向きな気持ちを手に入れるため、カラダの芯を鍛える運動もおすすめです。

自分を好きになる名言をご紹介

ではここで、自分を好きになるための名言をいくつか紹介したいと思います。

落ち込んだときには、この言葉を思い出してみましょう。

・人の世に道は1つということはない。道は百も千も万もある。(坂本龍馬)

・顔をいつも太陽の方へ向けておいて。影なんて見る必要はないわ。(ヘレン・ケラー)

・何よりも大事なのは、人生を楽しむことと幸せを感じること。それだけよ。(オードリー・ヘップバーン)

どれも、歴史上の偉人とも呼べる有名人の名言です。

疲れて立ち止まりたいときは、誰にでもあるもの。

そんなときは、ここで紹介した名言を思い出してみてはいかがでしょうか。

今の自分の悩みなんて大したことない、自分を好きになって前を向こうと思えるようになるかもしれませんね。

潜在意識レベルから自分を好きになる方法

自分を好きになるためには、潜在意識レベルから変えていかなくてはなりません。

潜在意識とは、ずばり無意識のこと。

呼吸をするとか、前に進むためには足を前に出すとか、そういうことを「考えて」行っている人などいません。

どれも無意識に行っていることです。

そんな潜在意識というのは、生まれたときからすべての感情を記憶しているもの。

たとえば褒められて育った人は、大人になっても褒められたときの感情を覚えています。

「背が高くてかっこいいね」
「背が高すぎて前にいられるとジャマだなぁ」

同じ「背が高い人」であっても、子供の頃に上記のように言われていたとすると、潜在意識での捉え方はまったく違うものになります。

背が高いと言われて嬉しいと思う人もいれば、背が高いと言われると嫌な気持ちになる人までいるのです。

自分を好きになれない人は、子供の頃に否定された経験のある人が大半。

そんな潜在意識を変えていくのは簡単なことではありませんが、できないわけではありません。

寝る前に布団に横になり、
「私は前向きな自分のことが大好き」
と「前向きな自分になる」ことをすでに達成したかのような言い方で唱えましょう。

毎日唱え続けることで潜在意識に浸透し、潜在意識レベルから自分を好きになれるようになりますよ。

完璧を求めず、自分を認めてあげることが大切です。

まとめ

自分を好きになるメリットや方法について、紹介しました。

自分を好きになることは簡単なことではありませんが、充実した人生を送るためには、絶対に自分を好きになったほうがいいです。

自分を好きになるためには、完璧を求めずありのままの自分を受け入れてあげましょう。

見た目や内面のコンプレックスも、自分がそう決めつけているだけの話で、周りはそんなふうには思っていないことが大半です。

まずは自分の良いところを見つけ、自分を認めてあげることから始めましょう。

→ プロの力を借りて自信を持ちたいならこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

このネコちゃんが鏡を見て自分のことを強いと思っている(勝手にごめんなさい)ように、あなたも「自分は強い!出来る!やろう!」と思っても良いのかもしれない。

このネコちゃんが鏡を見て自分のことを強いと思っている(勝手にごめんなさい)ように、あなたも「自分は強い!出来る!やろう!」と思っても良いのかもしれない。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

文章は自信を持つことや恐怖克服の助けになる。文章を書いて、心の中のモンスター(過剰な恐怖)とサヨナラしよう

・初めに誰もが恐怖という感情を持っている

恐怖という感情は人間しか持っていないという話をどこかで聞いたことがあります。
確かに他の動物でも怖がる行動を取る場合があります。
だけど、それは今までの経験から「これは危ない」と動物が認識した結果なんだそうです。

例えば、大型犬が猫に怯えている動画を見たことがあります。
何故、怯えているのかというと子犬の頃、猫に猫パンチをやられたせいでした。
つまり、その犬は目の前にいる猫を怖がっていたのではなく、また猫に痛い目に遭わされると思っていただけです。

それは恐怖という感情になるのでしょうか。

ちなみに動画では猫がいるために階段から降りられないという現状でした。
しかし、他の犬が猫の注意をそらした結果、階段から降りることができました。
本当に猫に恐怖を感じているのなら、他の犬の助けがあっても降りることはできないはずです。

だけど、人間の場合、出会ったことのない幽霊に恐怖を感じます。
人が何故、出会ったことのないモノに恐怖を抱くのでしょう。
それは、実際に幽霊に出会った人の恐怖の体験が伝わったことによるものです。

つまり、相手の記憶も自分の記憶の一部に感じることができるからです。
その結果が幽霊に恐怖を感じるのでしょう。

なので、体験したことがないモノでも恐怖を感じることができるのは人間だけです。

・心の底にモンスターがいる

強引な考えだけど、モンスターと言えば恐怖というイメージです。

ちなみに人の心にはモンスターという恐怖がいつの間にか住みついています。
このモンスターによって自分でも分からない不安に襲われます。

しかも、このモンスターは人によって違います。

どんなモンスターでもさよならしたい。
それが心の中の恐怖に打ち勝つことです。

極度の緊張と恐怖を克服する方法、それが「サヨナラ・モンスター」になります。

しかも、この教材は筆者の6年間の集大成です。

・過剰な緊張と不安、克服するために必要なこと

心の中に存在する恐怖がモンスターとなって己の精神を襲っている。
頭の中で理解していてもなかなか、克服することができません

先にも言ったとおり、モンスターイコール恐怖の大きさは人それぞれです。

なので、人によって恐怖に対する悩みを公にすることができません。
先の例えに出した猫を怖がる犬も、ほかの犬にはその感情を理解できません。

悩んでいるけど、その悩みを人から理解されない。
理解されないだけでなく、悩んでいること自体、人からバカにされたらどうしよう。
そんな思いが不安となって心の中に蓄積していきます。

蓄積された不安は恐怖につながっています。
その結果、言葉で表せない恐怖が心の中に広がっていきます。

恐怖が広がるということはモンスターも大きくなる。
モンスターを大きくしないためにも恐怖に向かいあわなくてはいけません。

「サヨナラ・モンスター」では「最短の克服法は”知らないことを知る”」と言っています。
恐怖は闇にも例えることができ、光を与えることによって消えていきます。
その光とはずばり、恐怖について書き出してみることです。

・恐怖に向き合うために文字にする

言葉にしたら怖くなくなった。
自分が何を怖がっていたかを認識すること。
認識した結果、恐怖が薄らいでいく。

それは自分が恐怖しているモンスターの正体を見破った結果です。

実際、恐怖というものはそれ自体を理解していないことから発生しています。
ちなみに「サヨナラ・モンスター」の筆者も言っています。

「書くことで癒される。」
かなり、重みのある言葉です。

→ サヨナラ・モンスターの公式サイトはこちら

・文字を書き出すことで改善されること

「サヨナラ・モンスター」で改善した例をずらりと掲載しています。
挙げていくときりがありません。
それだけ、人の悩みは沢山だということです。

悩みから解き放たれたい。
そのための可能性を「サヨナラ・モンスター」の中に見つけ出してみましょう。

恐怖が消え去ったわけではありません。
ただ、心の中のモンスターにサヨナラできただけです。
実際、筆者もそういっています。

心の中のぐちゃぐちゃとしたモンスター。
極度の緊張や恐怖を単なる恐怖へ変換しましょう。

そのために必要なのが極度の緊張や恐怖を作り出している認知・認識をはっきりさせましょう。
そこで、文字で書き出すことが必要になります。
何故、文字にしなくてはいけないのか。

人は常に思考しています。
ぽーと何も考えていないと思っても、深層心理では思考し続けています。

ちなみに「サヨナラ・モンスター」の筆者が記載しています。
人の1日の思考回数は60000回だと。
これだけの回数なら、本人も覚えていられません。

何しろ、人間は思考を忘れることもできるからです。
そして、忘れた思考はそのまま、心の深層心理の中へと沈んでいきます。

これも人から聞いた話だけど、心は海のようなものなんだそうです。
なので、思考が沈み込んでいくような感覚を実感した人も多いはずです。

悩みを文章に書きだすということは思考の海から、思いをすくいあげることになります。

自分の思いと向き合うことが改善につながっていくのでしょう。

→ サヨナラ・モンスターの公式サイトはこちら

・人は忘れることもできるけど、思い出すこともできる

先に人間は常に思考していると記載しました。
だけど、それでは頭の中が沢山の思考が溜まりすぎてしまいます。
人間の脳にも容量があるんだそうです。

なので、必要のない思考はどんどん、頭の中から消えていくと言われています。
それが忘れるという行為になります。

しかし、忘れた思考も不意に思いだすことがあります。
忘れるといっても思考自体が消えるわけではないからです。

突然、訳も分からず恐怖に襲われる。

それは忘れたはずの思考がよみがえった証拠です。
大体、自分でも意識していない思考です。

なので、怖いと感じてもおかしくありません。

・モンスターを追い出そう

怖いけど、自分の思考から生まれた恐怖です。
自分の心が生み出したモノならきっと消し去ることができます。
それが「サヨナラ・モンスター」につながっていくことだと思います。

「サヨナラ・モンスター」のメリットは自宅でできることです。

自宅でできるので、外に出る必要がありません。

極度の緊張や恐怖で悩んでいると、外出することもできない人もいます。
なので、家にいながら恐怖を消し去ることができる「サヨナラ・モンスター」はきっと役立つはずです。

そして、身につけた知識は消え去ることはありません。
一生役立つ大切な財産になるでしょう。
しかも、この財産は誰も奪うことはできません。

ちなみに、「サヨナラ・モンスター」は教材であり購入するメリットは沢山あります。
しかも、教材の内容は新しく追加されていきます。
つまり、教材も進化していきます。

心の中のモンスターに怯えている人にとってこれだけ、心強い教材は他にはないはずです。

メールサポートは無制限なので、見捨てられたという感情がなくなります。

ただし、モンスターを追い出すのではなくモンスターを普通の恐怖へと変換することができます。

・「サヨナラ・モンスター」を購入してよく出てくる質問とは

一番に挙げられるのはどんな悩みに効果的かでしょう。
「サヨナラ・モンスター」の本文は書くことです。
思っている以上に書くということは精神に効果があります。

書く行為は考えている以上に効果があります。
書くことによって恐怖を小さくすることが可能のです。
書くことは恐怖を消す行為になっている。

つまり、「サヨナラ・モンスター」は恐怖を消す行為につながっているということです。
ちなみに心理的にも書くことが効果かあります。

実際のところ、この「サヨナラ・モンスター」の筆者自身が実感しています。
だからこそ、余計に信頼の度合いが増しています。

プラス効果があるかどうかは購入者自身が確認すること。
それが一番分かりやすいです。
しかも、「サヨナラ・モンスター」は購入後、何の効果が得られなかったら全額返金保証があります。

なので、思い切ってやってみても金銭的な不安はありません。

・努力しないでモンスターとさよならなんてできない

努力なしでモンスターがいなくなる。
それは絶対ありえません。

ただ、消せない恐怖はどうしてもあります。

それは死への恐怖です。
人はいつか死に直面します。

なので、こればかりは「サヨナラ・モンスター」を購入しても死の恐怖を消すことができません。
しかし、それ以外の悩みには効果があるということです。
全額返金保証のおかげで購入する際の不安はないはずです。

悩みはいつの間にか、消える。
そんな考えは甘いです。

だけど、努力すれば人は変わることができるはずです。
努力によって、自分が変わることができればきっとモンスターという恐怖とサヨナラができるでしょう。

・「サヨナラ・モンスター」はアダルトチルドレンにも効果的

最近、何かと話題になっているアダルトチルドレン。
アダルトチルドレンの人は機能不全家族の中で成長した人になります。
ちなみに機能不全家族とは家族を機能することができない集団になります。

そして、アダルトチルドレンの人は育つべき部分が育っていません。
なので、人にそのことをなめられたくない「ナメラレ体質」になってしまいます。

ちなみに育つべき部分が育っていないということは知識が不足しています。
中には分かっているつもりで実は全然、分かっていない。
そう言えるかもしれません。

結局、知っているのが当然ということを知らない。
知らないことが多いということは、それだけ恐怖が大きくなります。
このままだと、恐怖に飲み込まれて何も感じられなくなっていきます。

その結果、恐怖する自分の心も分からなくなっていきます。
対処するための対策として「知らないことを知る」ということをあっせんしている「サヨナラ・モンスター」が効果的です。

・「サヨナラ・モンスター」が不向きの人もいる

自分で努力せず、誰かの助けを求めている人。
やる気が全く、出ない人。
心の中に閉じこもっていることが一番だという人。
勉強なんてしたくない人。
他にも幾つあります。

結局、受身形の人にも「サヨナラ・モンスター」の教材も役にはたちません。

ここはやはり、自分から変わろうとしている人でないと効果がなさそうです。
それにモンスターを追い出すためには努力がどうしても必要です。む

出来ない人にはどんなにいい教材でも宝の持ち腐れになってしまいます。

・「サヨナラ・モンスター」の教材を作った人も同じ悩みを抱えていた

極度の恐怖・不安を克服する方法を教えることができるのは同じ体験をしているからです。
やはり、同じ境遇の者同士、理解しあえるということです。

対人恐怖、人間不信、筆者自身もまだ心中に残っているそうです。

だからといって、教材が役に立たないわけではありません。
その理由も教材の中で筆者が答えています。

全ての人間には心の中に闇が存在しています。
その心の闇の中には沢山の情報が存在しています。

教材の真の目的は症状を酷くしているモンスターという恐怖を情報や感情などのまとまりを変化させて症状を緩和することです。
その結果、根本的な原因に働きかけます。

同じような悩みを抱えている筆者だからこそ作り上げることができた教材。

それが、「サヨナラ・モンスター」になります。
筆者自身がモンスターという心の底にある恐怖に対抗するためにあらゆることを学んできています。
その結果を同じ悩みを抱えている人の助けになれるように編集しました。

→ サヨナラ・モンスターの公式サイトはこちら

・カウンセリングが無駄だとは言わない

精神的に悩んでいる人の中には心理カウンセリングを受けて、自分の闇から立ち直った人も大勢います。
だけど、カウンセリングにも限界があります。
本質的に一人が一番好きという人もいます。

中には自分以外の人間がどうしても信じられない人もいます。

心の回復のために一人になりたいと考える人がいてもおかしくありません。

そんな人には「サヨナラ・モンスター」が役立つはずです。
それは「サヨナラ・モンスター」の作者が悩みを誰にも言えない人向けに作成したからです。

・最後に

人の勝手な思い込みでダメだと勘違いしないことです。
自分で自分の心を傷つけてはいけません。

そもそも、人の弱さ、緊張、恐怖を感じることをダメと思ってはいけません。
さらにダメでもないのにダメと思いこんではいけません。

ダメじゃないことを伝えたいという作者の意思がひしひしと伝わってくる教材です。

→ サヨナラ・モンスターの公式サイトはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

文章を書くことで心が成長できた経歴。文章を書くと自分の内面が見えてくる

文章を書くということは学校の国語の時間を思い出します。
小学校では本を読むことから始まって、漢字を覚え作文の授業もありました。

・中学の時、日記を書くことを勧められた

別に個人的に進められたわけではありません。
「あゆみ」という題名のついた日記を各学年、配られただけです。

一年生の場合、一か月は続ける義務がありました。
書いたら毎朝、係の人が集めて日記を担任に提出。
担任は生徒の日記に目を通して時折、コメントを書く。

要するに担任との交換日記です。

自分としては文を書くのは好きな方だったので別に負担には感じませんでした。

だけど、さすがに一か月は長かったです。
何故なら、教師にうかつに家の事情など書けるはずがありません。
実際、一週間で書くことがなくなりました。

確かに一日一行でも書けばいいということでしたが。
でも、目を通していた担任も大変だったと思います。

とりあえず、詩を書いたり読んでいる本の感想を書いたりと空白を埋めることにしました。
元々、小学生の頃から本が好きだったんですが。
日記を続けたせいでさらに本好きになりました。

・子供の育自日誌をつけ始めたのは

中学生の時に無理やり、日記を書くことを強制された結果、日記をつけるのは苦手になってしまいました。

だけど、子どもが生まれた時に育児日誌をつけることにしました。
理由が親が自分が生まれた時、日誌をつけていたからです。
ただし、親は保管が苦手だったのか、現物は見たことがありません。

親が出来たのだから自分も出来るだろうと思ったわけです。
実際、娘が一歳半までつけることができました。

専業主婦なので育児には思っていたより大変ではなかったです。

だけど、赤ん坊がいるので外出ができません。
一日中、口がきけない赤ちゃんと二人っきりです。
これはかなり、ストレスが溜まります。

おそらく、初産の母親なら同じ思いをしたはずです。
といっても、娘は可愛いのでこれくらい我慢しないと思うんですが。

でも、外に出られないというのはかなり苦痛です。
そんな時、日誌をつけるのはいい気晴らしになりました。

ちなみに内容としては授乳の時間やおむつを替えた時間、便や尿の色などを記入。
味もそっけもない記録です。
だけど、親としてはやり遂げた達成感がありました。

・二人目も育児日誌をつけたけど

長女が二歳と一か月の時に二女を出産。
長女の育児日誌が一歳半で終わったのは二人目を妊娠したからです。

最初の子が育てやすかったので、二人目も楽勝で育てられると思っていました。

しかし、それは大きな間違いでした。

出産は一日かがりとよく言うけど、長女は陣痛が始まって6時間で出産。
だけど、二女はなんと陣痛が始まって11時間でやっと生まれました。

別に二女の方も難産とは言えません。

だけど、生後三か月に発作を起こした二女。

病院に行ってそのまま、入院となりました。

その結果、育児日誌はそのまま、看護日誌になりました。

・書かないと気持ちの整理がつかなかった。

発作を起こしたけど、何が原因なのか分かりません。
なので、娘が大学病院に入院してからは毎日、検査を受けました。
勿論、娘は赤ちゃんなので検査室には自分が連れていきました。

実際、どんな病気なのか検討もつかなかったし、病室から検査室の移動も大変でした。
しかも、発作が起きると検査は中止です。
正直、あの頃は不安で心がつぶれそうな思いをしました。

一か月後に検査の結果が出て、娘が千人に一人の割合で発症する難病だと分かりました。
今の医学でも完治は難しいと聞かされて目の前が真っ暗になりました。

それでも、日誌をつけることは辞めませんでした。
何もしていないと耐えられなかったのも事実です。

三か月過ぎて娘は亡くなりました。

現在、娘の育児日誌は仏壇の中に保管してあります。

・三人目の娘は一年でギブアップ

三女が生まれたのは二女が生まれて丁度一年目です。
勿論、育児日誌は始めました。
だけど、三女が三か月になるまで不安でした。

何故なら、二女は三か月で発作を起こしたからです。

といっても、三か月が過ぎて発作がなかったのでほっとしました。

でも、育児日誌を書くことで不安が和らぐような気がしました。
だけど、一年で書くのを止めたのは三女に何の問題もなかったおかげでしょう。

・初めて、書いた童話で褒められた

童話を書いたのは小学校4年の頃でした。
いじめられっ子で人の輪に入るのが苦手でした。
なので、本を読むのが好きでした。

その結果、自分でも物語を書くようになりました。

書き溜めたノートを先生に見せました。

その時、褒めてもらったことがとても嬉しかったです。

その結果、ノートに自分が創作した物語を書き溜めるようになりました。

・調子に乗って、中二の時に脚本を書いた

中学の時は演劇部だったので、劇の脚本まで書いてしまいました。
当然、脚本の書き方なんて知らないので、かなり滅茶苦茶な作品でした。
だけど、文章を書くことは自分を見つめることにつながります。

さすがに内容的に中学生がやるには難しいということで採用されませんでした。
それでも今となってはいい思い出です。

・文章を書くと自分の内面が見えてくる

考えてみると、読書と文章を書くことは自分のライフワークのように思います。
文章を書くためにはいろんなことも調べなくてはいけません。

調べものをするために読書をし、読書をしたら文章を書きたくなりました。

例えば、落ち込んでいる時に文章を書くと湿っぽい文章になります。
だけど、気分が明るいと文章を書くと文章も浮かれています。
悩んでいる時は特に悩みを書き出すとすっきりします。

時には解決しない悩みもあります。
だけど、文字にすると悩みが軽減したように感じます。

それに他の人にも分かりやすいです。

といっても、悩んでいる時の文章を人に見せたことはありません。
理由としては人に悩んでいることを知られたくないからです。

だけど、文章が自分の成長に役立つのは紛れもない事実です。
特に長女と三女の育児日誌は何度読み返しても楽しいです。

とはいえ、育児日誌といっても単なる観察日記になっているような気もしますが。

娘の育児日誌はすでに母親としての自分の成長日誌になっているような気がします。

書くことは、恐怖を減らすこともできるのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

Amazonで購入できる自信が付くものを検索すると、多くの本がヒットします。その中でもお勧めの本を何冊かピックアップしましょう。

【自分に自信をつける最高の方法―ミス・ユニバース・ジャパンビューティーキャンプ講師の世界一受けたい特別講義 (三笠書房 )】

2週間後の効果は劇的、女の一生は自信で9割変わるとAmazonの説明にあるように、女性向けの自信が付く方法が書かれています。今まで自分で何を着るのか、何を食べるのかなど決めてきたけども、ふとそれで良いのか不安になる、しんどいなどから解放される本です。

著者は心理カウンセラーであり、ミス・ユニバース・ジャパンのビューティーキャンプを担当するなどしています。

口コミだと、他の啓発本に書いてなかった事が詳しく書いった、親として子供の成長のために利用したい、自分が我慢すれば良いと思っていたけど楽になったなどの声があります。号泣者続出とも書いてあり、共感して自信が付きやすいでしょう。

【折れない自信をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)】

Amazonで778円、通常配送無料と手軽に購入できる本です。ちょっとした時間に読みたい、自信が付く本はどんな事が書いてあるのか興味があるなど、簡単に読みたい時に読める本です。

本を書いた人は、人気テレビで話題になってる心理カウンセラーの心屋 仁之助です。この作者が書いてる本は読みやすいとの口コミもあるので、お勧めの本です。

Amazonの口コミだと、ノウハウを学んでも自信が付かない人にお勧めとの声があります。また、分かりやすい、読みやすいなどシンプルさが良いとの声もあります。読者の中にはこの本に辿り着く前にセミナー参加や資格取得などをした人もいて、それでも何度も読み返したいと思う本だという人もいます。これで良いのかなと迷った時に読むと、解決しやすいでしょう。

【自信をもてない人のための心理学 著者フレデリック ファンジェ 他2名】

思い込みから自由になる、自信は自己評価、行動、自己主張から成り立ってるなど、自信が付くための事がたくさん書いてあります。

この本の特徴は、フランスの精神科医が著者という点です。今まで紹介した本は心理学者が著者でしたが、精神科医の視点から自信を付ける事ができるので、今までとは違うアプローチができます。また、海外の医師の考え方も分かるので、なるほどと思える事があるかもしれません。

口コミだと、自信を持つ考え方や実践ができるので良い、抽象的で押し付けてるような本とは違うなど、良い口コミが多いです。Amazonの最高評価である星5つの評価も得ているため、精神科医の意見を聞きたいと思うならばお勧めです。
Amazonでは自信が付くための本がたくさんあります。配送無料の本もありますし、まとめ買い割引などのキャンペーンなども時期によってはあるので、自信を付ける本を探すならばお勧めのサイトです。自分にピッタリな本が見つかるでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

外国人はいつも自信があるように見えるという人もいます。自信を持って堂々としてる姿はポジティブで安定感がありますよね。そこで、自信があるを英語で口にしてみてはどうでしょうか?口に出す事で実感し、今よりも自信が付きやすくなるでしょう。

【自信があるを英語で表現する】
I’m good at …..

この表現は、自分は….に対して得意と訳します。…には運転やパズルなど得意となるものが入ります。自信がない時は得意などの言葉が出てきにくいのですが、自信がない分野だからこそ口に出してみると自信が付きやすいかもしれません。

I’m able to….very well.
私は上手に…する事ができると訳せます。上手にそれが出来ると自信たっぷりに独り言を繰り返せば、自分に暗示ができて上手くできると信じられるかもしれません。

I’m full of confidence.
私はものすごく自信があると訳します。I’m confidence.でも自信があると約せますが、full ofとする事で自信が強くなります。
また、confidenceを使った文だとI have confidence in my ability.で自分の能力に自信があると訳せますし、I have confidence that I can …で…をやる自信があると訳せます。自分に言い聞かせるも良いですし、手帳やカレンダーに書いておいて見る度に自信を忘れないようにするのも良いですよ。「私はものすごく自信がある。」と日本語で書くと誰かが目にした時に恥ずかしいかもしれませんが、英語ならロゴのように書いてあっても恥ずかしくありませんよね。自信を持つためには根拠がない自信が大切であり、自信があると思えば本当の自信が自分のものになります。私はできると思えば、結果として成功しやすくなりますよ。
【外国人のように自信を持つ】
日本人は謙虚なので、本当は自信がある時でも自信たっぷりに立ち振舞いません。しかし、外国人は片言の日本語をしゃべれるだけでも日本語がしゃべれると言う人もいます。また、外国人は根拠がない自信を持つと言われますが、根拠のない自信こそ本当の自信を獲得するための第一歩なのです。いきなり自信を持て!と言われても、どうやって持つの?持てるわけないじゃん!と自信が付く訳ありませんよね。しかし、I’m good at …..やI’m full of confidenceと自分に言い聞かせる、目に付く場所に書いておくなどして、無意識のうちに自信を刷り込ませる事はできます。根拠がない自信を持つ、少しでもできるなら自信を持つなどして、自信を付けていきましょう。
「I’m sure of my success.」これは、成功するのを確信してる、間違いなく成功すると訳せます。自信がないと成功するかなと半信半疑になり、不安定な気持ちになりますよね。間違いなく成功する!間違いなく自信が付く!と、少しでも前向きに考えていきましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

世界共通語とされている英語、話せるようになると日常生活の中でも困るシーンが少なくなりますし、海外旅行へのハードルも下がりますよね。
しかし、「私英語に自信あります!」と言える方はそう多くはありません。
では、どうすれば英語に自信が持てるようになるのでしょうか?
英会話CDを聴いたり、教材を買って読み書きの勉強をしたり、その方法は様々です。
ですが、「英会話」というところに焦点を当てれば、もっともっと簡単に上達することが出来るのです。

「英語」と聞いて難しいイメージを持つ方もいらっしゃるかと思いますが、その原因の多くは教科書に載っているようなきちんとした文章で話そうとしているからなのです。
英語も日本語も同じ「言葉」ですから、単純な話「伝われば良い」のです。
外国の方からカタコトの日本語で声を掛けられた時のことをイメージしてみて下さい。
「今何時ですか?」と聞かれればすんなり理解出来ますが、「時間、今、いくつ?」と聞かれても、言いたいことがなんとなく伝わります。
「伝わる」ということが「言葉」を学ぶ上ではとても重要です。

では「伝わる英語」を身につけるためにはどうしたら良いのでしょうか?
まずは単語のボキャブラリーを増やすことです。
単語のボキャブラリーが増えればどうにか伝えることが出来ますし、「これなんて言えばいいんだろう」となった時にも他の言い回しに変えることも出来ます。
ですので、単語のボキャブラリーを増やすことで「伝わる英語」を身につけることが出来ます。
先程、英語は「言葉」ですから伝われば良いとお伝えしましたね。
「伝わる英語」を身につけることが出来たら、その時点で「英語が出来る」と言っても良いのです。

「きちんとした英語じゃないと自信は持てないよ…」と思われた方もいらっしゃるかと思います。
文法などもきっちり抑えた正しい英語を使えなければ「英語が出来ます」とは言えない、と思われる方にオススメの勉強法もご紹介しますね。
まずは、必要な文章を覚えてしまうことです。
例えば、お仕事で英語が必要になる方なら「いらっしゃいませ」や「サイズはどうしますか?」などでしょうか。
必要な英語を使えれば、大きな壁に当たることは少なくなります。

次にオススメの方法は、気になった言葉を調べてみるということです。
日常会話でも、テレビの内容でも、仕事中の問い合わせでも看板の文字でも何でも良いのです。
「どっちがいいと思う?って英語だとどう言うんだろう?」など、本当に何でも良いのです。
ふと気になったことを調べておくと、どこかで似たような表現に出会った時に引き出しを開けるだけで言っている意味が理解出来たり、自分が話す時に使えたりすることがあります。
ちょっとしたことを調べるだけなら翻訳アプリやウェブサイトなどですぐに調べられますし、お手軽な勉強方法かと思います。

最後に、「自信を持つ」ということについては「実績」と「実感」がとても重要です。
カタコトの英語でも「伝わった!」「これはこう言うって分かる!」という感覚、それを重ねていくと実績となり、「あの時も伝わったからきっと今回も大丈夫!」と自信を持てるようになってきます。
あまり難しく考えずに「伝われば良い」という感覚で英語の勉強に取り組んでもらえれば、「私英語に自信あります!」と言える日も近づくかと思いますよ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「木を見て森を見ず状態」から 抜け出して、俯瞰(ふかん)して見るということは「自己肯定感を高める」ことに繋がっています。

スピリチュアルと聞くと、人によっては信じていない、現実的ではないなどネガティブな印象を持つ人もいるでしょう。しかし、スピリチュアルは深く知っていくと現実的な考え方です。自信を付けるためにも役立つので、スピリチュアルの方向から自信を付ける方法を見ていきましょう。

【スピリチュアルとは】
スピリチュアルとは、霊的な、霊魂に関するもの、宗教的、精神的なもの、神の、超自然的なものなどを言います。まとめると、目には見えない事ですよね。自信も目には見えない事であり、スピリチュアルと共通点があります。また、スピリチュアルは医療や心理学でも利用されますし、ガンなどのターミナルケアとしても利用されます。

潜在意識という言葉を聞いた事があるでしょう。スピリチュアルの世界では、潜在意識の中に集合意識があります。その集合意識では、他人も自分も同じと考えます。つまり、自分を敬うのは他人も敬うのです。

また、人は生まれながらにして使命があると考えられています。その使命を遂行してる時は何事も成功しやすく、タイミングが良い、運が良いと考えられます。そして、成功する事で成長していくのです。
【スピリチュアル的に自信を付ける】
スピリチュアルの考え方では、自分を敬うように他人も敬います。自信がない時は他人を見ていいなと羨ましがりますが、自分を見つめるとネガティブになりがちですよね。しかし、スピリチュアルでは他人も自分なので、他人ができるなら自分にもできると考えてみてはどうでしょうか。気持ちの持ちようで、自信は付いていきますよ。

また、生まれながらにして持ってる使命は、偉人のように大きな事ばかりではありません。結婚する、家族を持つなども使命です。そこで、自信を付けるためにまずは今の状況に満足してみて下さい。家がある、愛する人がいる、ペットが自分を慕ってくれるなど、幸せに思う事はあるでしょう。それが使命だと思い、自信がない事でも挑戦していけば成功しやすいかもしれませんよ。使命を全うしてる時は何事も上手くいくので、きっと上手く行くと信じてみましょう。

【スピリチュアルと言ったら江原啓之さん】
江原啓之さんはテレビにも出演する売れっ子タレントで、ご自身で立ち上げた日本スピリチュアリズム協会理事長を勤めています。江原啓之さんは18歳の時に心霊現象に悩まされ、そこからスピリチュアルの世界へ足を踏み出しました。それから修行を積んでいますし、神職の資格まで得ています。

江原啓之さんは様々な難しい相談にものってきた方で、公式ホームページでは悩みをキーワードにして回答を検索できるサービスなど自信をなくした原因を探るきっけにもなります。また、インターネットで数々の相談にのってきて伝えた言葉も見つかりますし、名言もあります。自信をなくした時に心温まる回答であったり、気づかなかった事、考えを改めさせられる言葉などもあり、自信が付きやすいです。