愛犬のしつけには間違いだらけだった?愛犬に本当の愛を持ってしつけをする方法。

「犬をしつけるためには主従関係が重要」という考え方も、全くの誤った考え方です。

「愛犬のマナー徹底改善DVD」

愛犬のしつけに困ってはいませんか?「可愛い我が子は、きちんとしつけしていい子にしたい。」「しつけをきちんとして、散歩をスマートにしたい。」このような気持ちは、犬を飼うご主人ならばみんな持っているのではないでしょうか?飼い犬を愛すれば愛するほど、自分がしつけしなくてはという気持ちが生まれますよね。だからしつけを頑張ります。だけども、犬のしつけってなかなか上手くいきません。なぜ上手くいかないのか、どうすれば上手くしつけをするのか紹介していきます。 

【犬のしつけが上手くいかないのは、犬の精神年齢を知れば分かる。】
なぜ犬のしつけが上手くいかないのか?「ちゃんと教えているのに、なかなか上手くいかない‥。」「犬が理解してくれない。」こんな風に思っているならば、犬の精神年齢について知っておきましょう。

犬は年齢にもよりますが、人間で例えるならば2歳〜3歳の子供と一緒ぐらいの脳なんです。

2〜3歳というのは、人間の第一反抗期だと言われています。子供を育てた事がある人ならば知っているかもしれませんが、「イヤイヤ期」という時期です。親の言う事は、なんでもかんでもイヤだと言います。「服を着なさい!」「イヤ!」「やっちゃダメだって言ってるでしょ!」「イヤ!」こんな感じです。これは、赤ちゃんの頃はママが全てでママの言う事を丸飲みしていたのが、ある程度の知恵がつくと自己主張をするからです。また、ワガママを言うのは自分を愛しているでしょ?という確認でもあるのです。それが子供の2〜3歳です。

犬も一緒で、わざとダメだという事をやってしまったり、ご主人を困らせたりというのはご主人を愛してるからです。そして、言う事を聞かないのは、犬は構って欲しいとアピールしているからでもあるんです。
【どうやってしつければ良いのか、それは今までの考え方を捨てる事。】
では、どのようにしつければ良いのか?それは、犬の気持ちを考える事です。2〜3歳の子供は、理由も理解できずに押し付けられてしまうと、反抗します。また、気が弱い子は理解できないまま親の顔色を見て生活するようになり、将来は不良になったり、気持ちにコントロールがつかない子になってしまいます。
つまり、犬も押し付けてはいけないんです。引用した部分にもあるように、主従関係は親からの押し付けです。犬にとっては決して気持ちいい事ではなく、ストレスのもとにもなるんです。
じゃあどうすれば良いのかというと、今までのしつけ方法を全て捨てる事です。犬をしつけするために、ご主人が偉そうにする、犬は人間よりも下の地位だと思わせるようにする、犬が怖がる事をする‥。ドッグトレーナーはそうやって犬をしつけているかもしれませんが、犬を力で支配するのは犬のためにも、ご主人のためにもなりません。今までこういった考え方があるならば、それを全て捨ててみましょう。そして「愛犬のマナー徹底改善DVD」を見てみてください。

【愛犬のマナー徹底改善DVDは、どんな事を教えてくれるの?】 
この教材には実際になにが収録されているのかというと、アメリカ式の犬のしつけ方法が収録されています。日本は犬とご主人が主従関係を結び、犬を支配してしつけをするというやり方ですが、アメリカは犬を理解して尊重するというしつけ方をとっています。主従関係ではなく、対等なパートナーとして犬の人権を尊重しているんです。それにより、犬はご主人から愛されているときちんと理解ができ、ご主人が好きになります。犬の欲求が満たされるので、犬は素直になってあなたの言う事を聞いてくれるというしつけ方です。
この教材をやる事で、あなたは犬と散歩しやすくなります。また、犬が生き生きと生活しているのを見る事ができます。だからしつけもしやすくなるんです。
人間の子供にあるイヤイヤ期は、親の言う事がきちんと理解できるような脳ではないからあると言います。親が噛み砕いて説明し、納得させるようにしたらイヤイヤ期は少し収まると言われるように、犬だって犬の気持ちになって理解してもらえれば、飼い主の事を考えてくれるんです。
【教材の口コミは?】
この教材で愛犬のしつけに成功した人達は、犬の確かな変化を喜んでいます。散歩に行かない犬が歩くようになったり、噛んでしまう犬が噛まなくなった、興奮しないで落ち着いて待てができるようになった、トレーニングが楽しい‥などです。飼い犬に対する悩みはそれぞれで、犬によって性格は違うかと思いますが、この教材は犬を尊重してしつけをするというやり方なので、どんな性格でもきちんとしつけができるようになります。犬も人間のように色々な性格があり、生活環境によって飼い主の悩みは違うかと思いますが、犬の気持ちになればトレーニングだって楽しくできますよね。
引用した文章のように、犬をしつけるために飼い主と犬の距離を作ったり、線を引いたらダメなんです。犬は生き物なんだから、あなたのパートナーとして扱ってあげましょう。そのためにはどうすれば良いかが分かるのが、この教材です。

評価お願いします!

0
(最終更新:2017年4月28日)コメント0601 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)