森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

飼い主と愛犬のお互いがハッピーになれる犬のしつけ

しかしその指示は主従関係を明確にし、自分が主だと強調するために使うのではありません。

実は主従関係をつくり、犬を従わせる必要はないのです。

「愛犬のマナー徹底改善DVD」

犬のしつけの基本として出て来る、「主従関係」と言う言葉が良く出て来ます。
これは、犬は群れで生活する動物の為に愛犬が自分より順位が上だと思った犬の順に従う為に、飼い主を愛犬よりも優位だと思わせて、問題行動などを防ぐと考え方が、犬のしつけの基本だと言われています。

「愛犬のマナー徹底改善法DVD」のサイトの引用文に出て来る、この言葉は今までの犬のしつけ方の基本的な考え方から崩れる様な内容です。

しかし、自分の飼っている愛犬について真剣に向き合っている方ほど、真剣に飼っている愛犬と一緒に生活する為にしつけをする為に、「主従関係」を愛犬に実際に行動してもらい、愛犬のしつけを行っている飼い主は多いと思います。

でも、自分の飼っている愛犬に「主従関係」を意識してもらう為に愛犬に厳しくしていると、その度に愛犬が悲しそうな鳴き声や表情をしていると、「本当にこの方法で良いのだろうか?」と思ってしまう飼い主も多かったと思います。

でも、飼っている愛犬が色々な物に噛みついてしまう事や無駄吠えをするなど、飼っている愛犬と一緒に過ごす為には、愛犬の問題行動を解消するしつけの為に、どうしても愛犬のしつけについて真剣に向き合わないと、いけない状態になりやすいと思います。

その度に「これは自分の飼っている大事な家族の為にしつけを行っているのだから、今が頑張り時」と気持ちを強くしようとされた飼い主の方も多いのではないかと思います。

そんな思いまでして、「主従関係」を飼っている愛犬に分かってもらい問題行動がない様に行動してもらおうと、愛犬の為に努力して来た事が根底から崩される程、愛犬のしつける方法だと思います。

でも大切な事は、この愛犬のしつけの基本的な考え方は、「愛犬と飼い主がお互いに幸せにする為には、どの様な方法が良いのだろうか?」と言う考え方から着て来ます。

愛犬も生きているので、人間と一緒で喜怒哀楽が毎日一緒に愛犬と居ると分かるのではないかと思います。
愛犬に感情がある事を知ると、大事な家族でもある愛犬に一瞬でも悲しい顔や鳴き声をして欲しくないと考えるのは普通の事だと思います。

でも、今までの「主従関係」を基本とした愛犬のしつけの他に実際にはどんな方法で、愛犬をしつけたら良いのか?分からないと言う飼い主の方も多いと思います。

そんな状況の方に、おすすめしたい一緒に愛犬と暮らす為に必要な事を教えてくれる物があります。

それは、本で愛犬との関わり方を教えていません。
DVDで映像にて、忙しい飼い主の方でも分かりやすい状態で教えてくれるので、愛犬を飼っている方には理解しやすくて大変嬉しい物だと思います。

それも、今まで日本と米国の犬のしつけに関わって来た方が、飼っている犬との関わり方をDVDで教えてくれるので、しっかりとした愛犬のしつけの方だという事が期待出来ます。
そして現在も、このDVDで教えてくれる方は、5年間ほぼ休みなしで犬のしつけなどで実際に相談やトレーナーを行っているので、犬のトレーニングなどについて経験が豊富だという事も信頼できる内容だと思います。

評価お願いします!

0
コメント0413 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)