森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

リフォーム業を営むなら塗装職人の資格を取っておいた方がいい

リフォームには必要な資格に塗装職人があります。
だけど、塗装職人の資格を取るためには覚えておいたことが幾つかあります。
まず、塗装職人の仕事は沢山あります。

・仕事が多いのでどこから手をつけたらいいのか

屋根に外壁、勿論家の中にも壁があります。
最近は省エネ対策の塗装も行っています。
それに、どんな場所でも塗りムラのない仕事を行わなくてはいけません。

単純にペンキを塗るだけの仕事だと馬鹿にしてはいけないということです。
つまり、塗料や塗る場所の材質など知っておくべきことが沢山あります。

最近はリノベーションなどで古い家屋を新しく甦らせる作業もあります。
古い家屋をリフォームなら内装、外壁、屋根の塗装は必要です。
だから、塗装職人の技能を持っておくと何かと便利です。

・資格は必要だけど、その反面、経験値も大切

資格を取るために経験年数も必要なのが塗装職人です。
ちなみに7年以上の実地経験がないと一級塗装技能士の資格を得ることはできません。

一級塗装技能士は国家資格になります。

だけど、資格を取る前に7年以上の実地経験。

経験をつむために塗装職人の下で実地で技術を学ぶ必要があります。

資格関係なく塗装職人になれます。

それなら、資格の意味はどこにあるのでしょう。
大抵の人がそう思うはずです。
ちなみに、資格がなくても仕事ができるので何も学校へ行く必要がありません。

だけど、技術は必要です。
技術を学ぶために塗装職人に弟子入りするようなものです。

結局、現場が塗装職人の学び舎となります。
ただし、その学び舎はほとんど屋外になります。

なので、夏は炎天下の中、冬は風が吹きつける中、仕事をします。
なかなか、大変な仕事です。

だからこそ、未経験者であれば一番やりたくないのが塗装なのかもしれません。

何故なら、最初はその他雑用が主な業務になるからです。
でも、初心者に塗装は任せられません。

雑用をこなしつつ、先輩の職人の技術を学ばなくてはいけません。
そのため、現場で経験を積む必要があります。

・意外と多い塗装職人の仕事

塗装職人の求人は意外と多いのが現実です。
大抵の場合、技術を求められます。
その結果、資格が求められているわけです。

資格を持っているということは経験者である証拠だからです。

とにかく、塗装職人は現場力が求められる職業です。

派遣などでいろんな現場で経験を積むというのも一つの方法です。

・技術は塗装職人講座で学べる

最近では動画を見ることによって塗装職人の技術が学習できます。
しかも道具や基本的な作業まで詳しく教えてくれます。
実際、目で見て学習することが必要です。

それもたったの6時間です。

動画なので何度も、作業を見ることができます。
もともと、塗装職人の技術は現場でしか学ぶことができませんでした。

だけど、講座を購入すればどこでも塗装職人の技術を学ぶことができます。
おまけに親方も教えてくれない裏技まで教えてくれるようです。

1日で覚える塗装技術「塗装職人講座」

・ダウンロードしてすぐ、活用できる

塗装職人講座のいいところは誰でもダウンロードをすればすぐ、活用できるところです。
しかも、何度でも使うことができます。

そして、この講座を利用してもらいたい人は沢山います。

早く一人前の職人になりたい人。

新人教育のために会社が購入することもあります。

サラリーマンから職人になりたい人。

他の仕事をやりながら塗装の仕事を引き受けたい。

個人でリフォームをやりたい人。

などといった人になります。

その内容は8章構成になっています。

それぞれにテーマがあります。
繰り返し学ぶことによって資格に合格することができます。

・実際に塗装職人の資格を得る方法

建築塗装では塗装技能士という資格が注目されています。

実際、塗装するだけなら誰でもできます。
つまり、資格がなくても塗装の仕事はできるということを意味します。
なので、熟練の職人でも資格を持っていない人もいます。

だけど、資格は信頼の証でもあります。

塗装業者は沢山あってもどこを選べばいいか。
中には塗装業とは名ばかりの悪徳業者もいるからです。
資格を持っているスタッフがいる業者は信用できます。

理由は、塗装技能士の資格は実務経験者でなければ取得できないからです。

塗装技能士には一級と二級が存在します。

しかも、一級は国家資格で二級が都道府県知事が認定となります。
なので、二級の方が資格として取りやすそうです。
だけど、それぞれの資格を取るためには実務経験が必要になります。

結局、実務を経験していないと資格は取れないということです。

二級は職業訓練校に通ってからと、2年の実務経験を積んでからと選ぶことができます。

一級の場合は7年の実務経験、二級を持っている人なら資格を取ってから5年で取れます。
ちなみに試験は年に二回、前期と後期になります。
詳しい日程は中央能力開発協会のサイトで確認ができます。

・実際、どんな試験内容なの

塗装技能士の資格を目指す人なら事前に試験内容が知りたいはずです。

ちなみに事前に説明会があります。
説明会では試験で使用する道具や試験内容、減点対象の説明を受けることができます。

実技試験と筆記試験の二種類です。
実技試験なのに道具を忘れたら大変です。

そこで実技で何をやるのでしょう。

最初にベニヤ板に白いパテを塗ります。
次は鉛筆で定規とコンパスで線を引きます。

たったこれだけです。
塗装はすでに実務で慣れっこのはずです。
でも、塗装した上に線を引くのは案外難しいんだそうです。

だけど、実技の試験内容が分かっていると便利です。
試験の前に練習すればいいからです。

でも、なかなか難しいというのが試験を受けた人の感想です。

勿論、二級より一級の方が難しい実技です。

とにかく、技術は必要だけど筆記もあるので記憶力も大切です。

どちらかが不合格だと資格はもらえません。

ただ、試験内容は毎年、同じです。
だから、何度でも試験前に練習することができます。
それに落ちても再び、受験すればいいだけです。

とにかく、落ちてもまた、受験すればいいということはそれだけ、気が楽になります。
だけど、資格を取るということはそれだけ自分が意欲も熱意もある職人の証になります。

・塗装業の年収を考えて

資格はともかく、年代によって年収の違うのが塗装業です。
だからといっても、年配者だからといって腕の悪い人には任せたくありません。
なので、資格を持っている相手に信頼が持てます。

ざっと見てみると20代では約180~390万円、30代は約240~480万円、40代になると約310~510万円、さらに50代とも約370~540万円くらいでしょうか。
ただし、塗装業は体力が必要です。

なので、幾つまで出来るかは分かりません。

60代前にリタイヤすることもあるからです。
それに安定した収入を考えるなら若い時分はどこかにやとわれて、ある程度の年齢になったら独立。
このパターンが多いはずです。

ここで気をつけておきたいのが、男女の年収の差があるということです。
それは、塗装職人は体力が一番重要だからです。

やはり、女性は男性より体力が落ちます。
それに塗装職人の仕事は高所の場合もあります。

どうしても男性中心の仕事になってしまうのでしょう。

なので、女性で塗装職に就くのなら資格を得てキャリアアップをはかることが必要です。

最後に塗装職人の道のりは案外、長いです。

それは地道に下積みからスタートして、じょじょにキャリアアップすることが重要だということです。

1日で覚える塗装技術「塗装職人講座」

評価お願いします!

0
コメント0267 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)