森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

塗装技術を上達させたい!うまくなりたい!塗装職人になる為に必要なことと心構えや周辺の知識について

塗装職人とはどの様な仕事なのか?

今回は塗装職人になる為に必要な事についてお話をさせていただきます。先ず最初にそもそも塗装職人とはどの様な職種なのかと言うことについてですが、簡単にご説明をいたしますと塗装職人とは一般的にはペンキ屋さんと言うと分かりやすいと思います。そして専門用語で言うと業界内では『塗装工』とも呼ばれています。よく皆さまも外装や屋根、また内装に色塗りをしている職人さんを見かけることがあると思いますが、正にこれらの作業をしている人たちになります。特に昨今では省エネ対策のための塗装として遮熱や遮音塗装を担っている一昔前の塗装業と比べると少し特殊な仕事をしている方たちも増えて来ています。
また塗装工の方が壁や対象物に対して一糸乱れずに塗っている姿を見ていると、私たち素人でも繊細かつ真剣な姿に胸を打たれることも多々あります。ですので塗装職人についてあまり知識がない方は『ただのペンキ塗りじゃないか』と考えている方もいると思いますが、実は塗料の種類や塗る場所の材質によって多くの知識からパターンを考えて作業を始めないといけないのです。場合によっては壁に付いている傷やサビやわ落とす所から始める時もあるのです。また最近では古い建物を蘇らせるためのリフォームやリノベーションと言った作業が増えていますので塗装職人の需要も高まって来ていますし、車関係に例えられる板金塗装も広義で言うと立派な塗装業になります。ですので塗装職人は建設業、土木業、車関係など幅広いジャンルで活躍しているのです。

資格よりも経験値が大切なのです

では次に塗装職人になる為にはどの様なことが必要になるのかと言うことをお話しいたします。先ず必要な資格と致しましては塗装工として経験が7年以上あることが条件となる国家試験である二級塗装技能士があると、就職先を選ぶ際に条件が有利になります。ですので最初のうちは特別な資格はなくても大丈夫なのです。またこのことを証拠つける様に土木業、建設業で働く方は、学力は関係ありませんので中学卒業後に職についたと言う方が多いことが挙げられます。ただ暑さや寒さに関係なく冷暖房がない現場で作業しないといけない場合が多いですので体力が必要となったり、職人の世界ですので最初から一人前として現場を任せられることはありませんので、根気と忍耐が大切になります。この様に最低7年間は我慢をして修行をしながら親方や先輩の技術を学び、国家試験を受けると独自で勉強をするよりも早資格が取れる近道だと言えるでしょう。

1日で覚える塗装技術「塗装職人講座」

求職活動には信頼が一番大切です

いざ塗装職人の国家資格に合格をして、仕事をしようとする場合にはハローワークなどの求職センターでも結構見つけられますし、また塗装職人だけを専用に掲載しているサイトもありますので利てみるのも良いでしょう。とにかく他の事務作業や営業職に比べると経験と現場力を求められる職種になりますので、しばらくの間は派遣で色々な会社の現場で働いて見てから決まった定職に就くと言う方法も企業の雇う側からすると重宝されます。また塗装職人の人たちは同じ業界の中でのコミュニティーがありますので、例えば両親の都合で田舎に帰らないといけない時に、各地方の塗装会社を紹介してくれる場合などもあります。ですのでもちろんお金の為に一生懸命働くのも良いのですが、あまりドライに割り切ってしまうと業界内の信用が無くなってしまいますのでお給料は後からついてくると考えて、先ずは信頼関係を大切にした方が良いと言えます。また塗装職人業界内での転職を考えていると言う方は腕が良ければ認められますので、最初のうちは親方が厳しくても我慢をして自分の腕を磨くことに専念しましょう。そうしていれば業界内における皆さまの知名度が有名になって他社から売り込みが来たり中には独立する方たちもいます。ですので国家資格を受ける前もそうですし、受かった後もおごらずに、人と人との信頼関係を大切にする様に心がけましょう。

塗装職人の給料事情について

では次に塗装職人の給料事情についてご説明をします。やはりどんな仕事でも生活をしていく為に働いている訳ですので最低でもどの位お給料がもらえるのかと言う事は事前に知っておく必要があります。先ず塗装職人のお給料はサラリーマンとは違って基本的にお給料は日当で支給されることが多いのです。ですので平均するとだいたい11,000円~16,000円となり月給に直すとだいたい25万円~30万円位になります。ですので企業で働くサラリーマンと対比すると若年層でもまあまあ良いお給料をもらえると思います。また塗装職人の中でも木材系の塗装職人よりも金属系専門の職種の方がお給料が高めの傾向があります。一説によると家を購入する方よりも車を購入する方の方が多いためだと言う話もあります。因みに上記にご説明をした金額と言うのはあくまでも平均額になりますので、言ってみれば管理職でしたら親方クラスの金額も入っています。ですので新入社員の場合にはどうしても低くなりますが、16万円~18万円程度になり、親方クラスですと50万円を超える場合もあります。この様にいつかは自分も親方クラスを目指して頑張ろうと言う気持ちで塗装業に専念していただければと思います。

塗装職人の男女比率について

塗装業も職人の一環ですので、正直まだまだ男女の比率は男性の方が圧倒的に多く、女性の進出は乏しくなっています。
ただし最近ではデザイナーハウスやマンション物件が増えていますのでインテリアコーディネーターの需要が高まってきている為に、以前に比べるとやや女性の塗装職人のニーズが出てきています。ただ塗装職人全体でみるとまだ9対1位の割合で男性の方が圧倒的に多くなっておりまして、その理由と言うのはどうしても塗装職人は体育体系の部類になりますので、上下関係が厳しく、仮にバッチリお化粧をして行った時には『お前は仕事をする気があるのか』と怒られる次第です。更に塗装缶は20kg以上ある場合もあり、男性でも重いですし天候によっては雨風が凌げない屋根の上で仕事をしないといけない婆もあります。ですので体力的にかなりきついと言う理由もありますし、普段着から仕事着に着替える場合にはいつも更衣室がある訳ではありませんので、車やトイレで着替えないといけない場合も多々あります。この様にデメリットばかり書いてしまいましたが、決して女性では無理と言う事ではなく、これらのデメリットを跳ね除けてでもできると言う体力と気持ちがあれば全然仕事に就くことが多いのですできます。

塗装職人の仕事の可能性

色々と辛いこともある塗装職人ですが、でも頑張っていればそれまでの経験と功績が認められて次のステップアップとして海外向けのお仕事を依頼されることがあります。もちろん仕事の内容としては日本で行ってきた内容と大きく変わることはないのですが、広い世界の中ではまだまだ未開の土地があったり発展途上の中で環境が整っていなかったり、また各国ならではの塗装方法なんかもあったりしますので習得できたりなど日本にいたのではなかなか勉強できないことができたりもします。また海外青年協力隊を始めとしたボランティア団体の活動の一環としてジャングルの奥地に設立した学校の塗装を手伝うお仕事などもありますので、世界に対して自分が作った作品を残すことができると言うとても喜ばしい経験ができる場合もあります。また海外経験の中で語学、勇気、器量などが身につきますので、塗装職人を通じて個人の人生経験としてもプラスになる場合もあります。もちろん塗装職人になって直ぐに海外に行ける訳ではありませんが、でも頑張っていれば建設や車、そして昨今急速に広がっているインフラ設備の世界において大いに仕事の可能性を広げることができると言えるでしょう。

1日で覚える塗装技術「塗装職人講座」

評価お願いします!

0
コメント0233 PV
TAG :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)