森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

もしもの時もいつもの安心もペットと共に!ペット保険

猫のペット保険

【国民保険も社会保険もないペットを守るペット保険】

犬などのペットを飼うといったら家族のように大切にするご主人さんが多いです。家族のように大切にするペットだからこそ、万が一の時に備えてきちんとした保証を用意するペット愛好家の方もたくさんいます。ペットには社会保険も国民保険もありません。そのため、生命保険に加入してペットの万が一が家計の負担にならないように備えましょう。

【アイペットの保険は2種類から選べます。】

アイペットのペット保険は、2つのコースから選べます。
1つ目のコースは、手広くペットについて保証をしてくれるものです。「うちの子」という名前の保険で、通院や入院、手術に対応しています。この保険で注目すべきポイントは「対応動物病院制度」というものです。普通、生命保険を利用するとなると窓口で支払いをしてから生命保険会社に保険料の請求をします。しかし、この対応動物病院制度が通用する病院ならば、アイペットの保険証を見せるだけで自己負担分の支払いをするだけです。保険料を後から請求するという手間がいりません。入院は1日から補償してくれます。
そして「うちの子」は補償が50パーセントと70パーセントの二つから選べます。

50パーセント補償のプランだと通院は年に22回、入院は年に22日まで利用可能です。通院は1回あたり12000円まで補償し、入院も1日12000円まで補償となります。また、手術となったら年に2回まで保険の利用が可能で、10万円まで補償してくれます。

70パーセント補償でも、通院や入院の日数と支払額は一緒です。しかし手術は15万円
まで補償可能性となります。

もう1つのコースが「うちの子ライト」です。こちらは、万が一の時だけ保険を利用したいという人向けの保険です。手術と、その手術のために入院した時に保険金がおります。「うちの子」に比べると、通院保証はありません。その分「うちの子ライト」の月々の保険料は安いです。保険料は安くても、手術費用の90パーセントをまかなってくれる保険になっています。ただし、手術費用は50万円までで年に2回と決まっています。また、入院は10日間まで保証となります。そして補償の対象が3万円に満たない場合は保険料が支払われません。
通院まではなんとかなるけど、手術で大きなお金が必要となった時に利用したい人向けです。

【うちの子コースでの保険料の例】

それでは、実際に月の保険料がどのくらいか見ていきます。「うちの子 チワワ 0才 オス」の場合は、50パーセント補償の保険に加入すると月々の支払い額は2270円です。年払いだと26460円となり、1000円ほど月々払いよりも得になります。
また、70パーセントまで補償してくれるプランだと月々は2810円となります。年払いだと32740円となり、こちらも1000円ほど月々払いよりもお得になります。
これが「うちの子 チワワ 5才 オス」となると、50パーセント補償プランの月々の保険料は3120円となります。70パーセント補償プランは3990円となります。0才に比べて保険料が上がるのは、人間と一緒です。

【うちの子ライトの保険料の例】

それでは、手術で大きなお金が必要になる時だけ保険を使いたいという人向けのコースの例を出します。このコースは、インターネットから申込みをすると払う保険料が10パーセントも安くなります。
「チワワ 0才 純血 オス」だった場合の保険料は、ネット申込みをすると月にたったの930円です。もっと安くしたいならば、ネット申込みで年払いにすると10840円です。月々払いよりも1000円ほど得になります。ネット申込みをしなくても、月々は1030円とかなり安く収まります。

これがチワワではなくて、15キロ以上の犬でもネット申込みで1270円と安い保険料です。

【猫の場合の保険料の目安】

猫を飼っている人でも、万が一に備えて保険の準備をしている人がたくさんいます。犬に比べて猫はあまり外へ出ず、比較的安全だと考える人もいますが、そんな事はありません。猫だって体調が悪くなる時がありますし、交通事故にあう可能性があります。
アイペットのペット保険料は、猫でも犬でもさほど変わりありません。
「うちの子」コースの通院まで広くカバーできる保険の場合から例を出していきたいと思います。
50パーセント補償の「アメリカンショートヘア 0才 オス」の場合の保険料は、月々2400円です。年払いだと27920円となります。こちらも年払いの方が1000円ほど安くなります。また、70パーセント補償のプランだと2990円が月々払いです。年払いだと34780円となります。
これが「アメリカンショートヘア 1才 オス」だった場合は50パーセント補償で月々2710円、年払いだったら31630円です。また、70パーセント補償プランだったら月々3440円で年払いだと40070円となります。
年齢が大きくなると、保険料が上がるのは犬と一緒です。

そして万が一の時だけ利用する保険「うちの子ライト」は、犬と一緒でネット割り引きが適用になります。
「アメリカンショートヘア オス 0才」ならば月々の保険料はネット割り適用でたったの710円です。ネットで申込みをしない場合でも780円です。また、年払いにするとネット割り適用後が8220円となります。
猫も犬と一緒で、安い保険料で90パーセントもカバーしてくれる補償がついています。

【飼い主を守るための賠償責任の特約】

保険には特約で賠償責任をつけることもできます。これは、ペットが迷惑をかけてしまった時の保険です。「遊びにきていた友達の手を噛んでしまった。」「公園で、他の利用者に迷惑をかけてしまった。」などの時に使える保険です。ペットの迷惑行為は飼い主の責任です。賠償責任は、飼い主を守る保険なんです。
アイペットの保険は月に130円の負担で賠償責任の特約をつける事ができます。これは犬でも猫でも変わりません。また「うちの子」コースでも「うちの子ライト」コースでも利用が可能です。

【アイペットの保険を実際に利用した方の言葉】

実際に、アイペットの保険を利用した方はどんな感想を抱いているでしょうか。一例を紹介したいと思います。

「ペットの肌にぶつぶつしたできものができた時、原因が分かりませんでした。何回か通院しましたが、原因が特定できず…。やっと食物アレルギーだと分かったのですが、アイペットの保険がなかったら通院も難しかったと思います。」これは実際に利用した方の正直な感想です。

ペットも人間と同じように、肌にできものができてしまう場合があります。ペットは言葉がはなせないため、それがかゆいのか、どういったかゆみなのか、痛いのかなどが分かりにくいですよね?だから、ペットを動物病院につれていって原因を探るのはとても大事です。放っておくと、寿命が縮むかもしれません。だからこそ、治療に専念するために保険があるのです。

また、アイペット保険に加入した人はなぜこの保険を選んだかというと、安さが決め手という人が多いです。安いけども手術の補償が大きいから安心という声があります。
それに、高齢の犬や猫でも加入できたからという意見もあります。高齢だからこそ、万が一に備えたいという気持ちです。

言葉がしゃべれない大切なパートナーのために、保険を用意してあげる優しさも飼い主の務めなのかもしれません。

月々780円からの安心ペット保険のお申込み

評価お願いします!

0
(最終更新:2017年4月28日)コメント0776 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)