男性カンジダ性亀頭包皮炎について知る

カンジダ菌の炎症で真っ先に思い浮かぶのは、女性特有のカンジダ性腟炎かもしれません。しかし、男性にも、カンジダ菌が関連する炎症があります。それが、男性カンジダ性亀頭包皮炎です。自覚症状はありませんが、排尿時に性器に痛みを伴うことやかゆみなど常に違和感があります。通常、男性のぺニスは、体外に出ているので通気性がよく、この病気に罹患する毎日入浴時に清潔にしていれば、問題ありません。そのため、発症率が低いと言われているのです。また、尿道炎と特徴が似ていることから、専門医でも最初の診断で間違えてしまう可能性もあるということを忘れてはなりません。それだけ、尿道炎の症状と似て非なるものであるということです。それは、カンジダ菌が尿道に入り込んでしまうためです。それだけ似ています。
解決策は性器に少しでも違和感を感じたら病院を速やかに受診することしかないと考えられます。医師を信頼していても最初の診断で間違えてしまう可能性もあるということを忘れてはなりません。基本的には自覚症状がないのですが、排尿時に白いカスが出ているなどの違和感があります。ウォシュレットなどでは洗い流せないということを肝に命じておく必要があります。

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリーム
「ロテュミリンAFの詳細はこちら」