男性カンジダ性亀頭包皮炎の原因は包茎と下着?

男性カンジダ性亀頭包皮炎の主な原因は、包茎の種類である仮性包茎が原因であることも多いのです。一般的にも包茎の症状がある人が男性カンジダ性亀頭包皮炎に罹患する可能性が高いと言われています。包茎の人の性器は、湿気が多くカンジダ菌は湿気が多いものを好む傾向があります。そのため、カンジダ菌による炎症を起こしやすくなる。また、下着の選び方が間違っている可能性があったりすることもあると言われています。ペニスは、下着に直接触れる部位ですからそれが原因で性器が傷つく場合もあります。性器が傷つくことにより菌が繁殖しやすくなります。男性の下着は女性の下着と比較しても、記事や素材がザラザラしている傾向にあります。そのため、性器が傷つく可能性もあるのです。肌がデリケートである場合でも同じことがいえます。長期間症状が治まらない場合は、下着の選び方が間違いの可能性があります。できるだけ肌触りがいい下着を選ぶことが望ましいです。放置しておくと症状が悪化することはいうまでもありません。治療の経過を慎重に見極めることが大切です。ほかにも下着の関係で注意しなければならないことは、選択などで下着を清潔にして太陽の光に当てて干すことが大切です。太陽光でカンジダ菌が殺菌されます。

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリーム
「ロテュミリンAFの詳細はこちら」