男性カンジダ性亀頭包皮炎が女性に感染する可能性

男性カンジダ性亀頭包皮炎は、女性との性行為により感染すると言われています。その一方で、男性カンジダ性亀頭包皮炎に罹患した場合は、男性から女性に症状がうつるのか否かという疑問があります。しかし、実際は女性側から男性への感染リスクが高くても男性側から症状が感染する可能性はゼロとは言い切れませんが、可能性としては低いとされています。こうした知識を持っていることは、女性から男性に対する浮気への不信感に繋がるケースも多々あります。男声の場合は、性器が体外に露出している傾向にあるため、洗い流すことによりカンジダ菌が住み着きにくいためです。しかし、雑な性生活を送っている場合は、男性カンジダ性亀頭包皮炎をはじめとするあらゆる性的な感染症に罹患する確率が高いと言われています。もともとカンジダ菌は女性の性器に住み着いているものですから患部を清潔にしないままさらには、避妊具を使用しないで性行為に及んでしまうと悪化する可能性は十分に高まります。治療の期間中は性行為を避けることが望ましいです。また、性行為を頻繁に行うことは免疫力が低下するなどにより、罹患率が高くなるからです。体質の問題もあるため、からだが疲れやすい体質の人は日頃から注意する必要があります。

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリーム
「ロテュミリンAFの詳細はこちら」