森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

カンジタ性亀頭包皮炎になった場合の注意事項

年齢層として成人男性にとても多いカンジタ性亀頭包皮炎ですが、原因としては菌のバランスの乱れによって発症してしまうケースが多いことが特徴になります。ですので、なってしまった後の治療と致しましては抗生物質や塗り薬が一般的となっておりますが、その他にも日常生活の中で幾つか気をつけておくべきことがありますのでお話をさせていただきます。
先ずは入浴時には亀頭の洗いすぎには治癒に対して逆効果となってしまいますので注意をした方が良いでしょう。それは何故かと言いますと、石鹸自体は皮膚に着いた細菌を洗い流すことができますが、カンジタ性亀頭包皮炎に代表される皮膚に根強く付いてしまった細菌は取り除くことはできないのです。また逆に細菌がいなくなることでカンジタ菌が繁殖しやすくなってしまう環境を作ってしまうことになるのです。ですので気をつけないといけないことはカンジタ性亀頭包皮炎の場合にはいくら石鹸やボディーソープときれいに洗ったとしても症状が良くなる訳ではなく、逆に洗い過ぎは悪化してしまうことを忘れない様にしておきましょう。

ですので単純に洗えば治るお思って薬を使わずに自分自身の治そうとするのは辞めた方が良いでしょう。またその他に日常生活の中で気をつけた方が良いことと言えば、亀頭包皮炎を予防するためにもペニスをいつも清潔にしておくことや、性行為を行う場合には必ずコンドームを着用することも予防につながります。
また最近ではドラックストアにも市販の治療薬が販売されておりますが、恥ずかしがらずにクリニックや病院に行くとカンジタ性亀頭包皮炎専門の治療薬を処方してもらえますので、なるべく通院されることをお勧めいたします。

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリーム
「ロテュミリンAFの詳細はこちら」