男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なロテュミリンAFの効果とは

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なロテュミリンAFの効果とは

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリームに必ずといっていいほど名前が上がるのが、「ロテュミリンAF」というクリームです。市販薬では「唯一効果を発揮する」といわれていますが、どのくらい優れているのかを検証します。

ロテュミリンAFには、真菌に効果を発揮するため、カンジダ菌が原因で発症するといわれている男性カンジダ性亀頭包皮炎にも優れた効果を表します。菌に対して効果のあるクロトリマゾールという「有効成分が高含有」です。市販といっても近年はインターネットの普及により、通販でも簡単に購入することが可能になりました。

使い方は、水虫の薬と同様にお風呂にはいったあとの清潔な患部に塗布するだけという簡単な使い方です。カンジダ菌は、患部のみならず、皮膚の広範囲に隠れていると言われています。塗るときに注意するべきは、周辺の皮膚にもしっかり薬を塗り込むことが最大のポイントとなります。

また、心配されるのが副作用によるものですが、副作用による効果を心配しないで利用できるのもこの薬の特徴です。塗るタイミングについては、朝と夜の1日2回塗布するだけという簡単なものです。毎日薬を塗るだけで2週間で患部のかゆみや痛みを始めあらゆる症状が消えます。

「ロテュミリンAFの詳細はこちら」

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

評価お願いします!

0
 2017年10月25日コメント01965 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)