森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

「ペットの癒し効果」

子供の頃

「ペットの癒し効果」

子供の頃は、ペットという存在に対してあまり思い入れはありませんでした。
だから、ペットを飼いたいとも思いませんでした。

でも、いい大人になってからむくむくした子犬と触れ合う機会を得てからというもの、「いつか犬(むくむくした子犬)を飼いたい」と思うようになりました。

今はペットを飼える住環境にありませんが、いつか引っ越しをしたら…。
夢はどんどん膨らみます。

むくむくした子犬(以下、むくむく君と呼びます。)と出会ったきっかけは職場の友人でした。

当時は仕事が忙しく自分でもどうしようもない閉塞感を感じていました。

そんな中、職場の友人の自宅に誘われました。
当初は面倒臭いので断ろうと思いましたが、折角だからと友人の家に行くと、そこにむくむく君が待っていたのでした。

生後数ヵ月の彼はよちよちと私に近付いてきて私の膝にちょこんと座り大きなあくび。

コイツ、なんてカワイイんだよ!!

あまりの可愛さに涙目になりました。

私の方がむくむく君に構って欲しくてちょっかいを出すと彼は健気にいちいち反応してくれます。

その健気さが嬉しくてまたちょっかいを出します。

さすがに途中で友人が止めに入りました(苦笑)

友人の家から帰る頃にはむくむく君との楽しい思い出に浸っている自分がいました。

また、仕事で荒んだ心もむくむく君と遊んだお陰で回復したような気分になりました。

医療の分野にはペットセラピーというものもあると聞いていましたが、図らずもその効果を自ら体験したのでした。

転勤によりむくむく君とは遊べなくなりましたが、自分もいつかむくむく君のような子犬を飼えるようになりたいと思っています。

評価お願いします!

0
(最終更新:2017年4月28日)コメント0988 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)