森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

青春を一緒に過ごした愛犬!夏場のボディウォッシュ(身体洗い)

青春を一緒に過ごした愛犬

前回はエスの散歩の様子を投稿させてもらったのですが、今回は夏場のボディウォッシュ(身体洗い)の様子を投稿したいと思います。

エスがどんな種類の犬かといいますと‥

“テレビでソフバンのお父さん犬を見るとエスを思い出す”

これで分かっていただけるかと思います(^_^;)

元は鮮やかな赤い首輪が映える純白ボディ。

しかし油断すると茶色、もしくは黒ずみ元がどんな色か分からなくなる事もしばしば。

おまけに夏場はノミが発生してしまうんですよね〜

そこでノミ対策としてペットショップで買ってきたノミ取り効果の高いシャンプー、そして犬用のブラシ。

ノミを取り、純白のボディを取り戻すべくミッションスタートです!

真夏の焼け付く昼下がり‥

この暑さでかなりヘバっているエスを水道の近くまで連れていき、庭にある近くの柱にリードをくくりつけ蛇口をひねりホースの先から水を出すと、エスは水を嫌がる様なしぐさ。

でも炎天下の暑い日、後ろ足から水を掛けてこすってやると途端に大人しくなり気持ちよさそうな顔になってます(^-^)

水に慣れさせる為に身体を洗う時は後ろから前へがセオリー。

エスも水が気持ちイイのか猫みたいにたまに喉をゴロゴロならしてじっとしています。

ひととおり身体に水を掛けた後はシャンプーの出番、純白のボディを取り戻しノミを退治すべくシャンプーをドンドンすり込んでいきます。

いや、エスは気持ちイイんだろうけど炎天下で洗うのはホント重労働、汗だくで身体にシャンプーをすりこみこすっていきます( ̄□ ̄;)

時々エスは身体をバタバタ揺すって水を飛ばしてくるし‥

でも終始気持ちよさそうな顔をしてじっとしているエスを見てると、ホント可愛い奴なんですよね(´∀`)

シャンプーが終わり水で十分濯いでやると、見事純白ボディの復活です!

後は乾かす為に20分ほど散歩に出かけるんですが、歩いては身体をブルブルまた歩いては身体をブルブルしながらの散歩です。

乾くとさらに純白が際立つエスを見ていると、暑い中での重労働が報われたなと思う事しきりですね。

今回でこの記事二回目の投稿ですが、文章がまだまだ稚拙で申し訳なく思います(^_^;)

ですがエスに関しては面白エピソードも結構あるので、懲りずにまた投稿出来たらと思っています。

評価お願いします!

0
(最終更新:2017年4月28日)コメント0612 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)