結膜炎になった体験談

私は結膜炎と診断されたことがあります。最初は、目の中が赤くなっていたいと感じていて、眼科へ行ったら、結膜炎と診断されました。目が気になり、擦ってばかりいたら、悪化してしまい、右目の結膜炎が左目にもうつってしまう自体となっていました。目の病気は、生活に支障が出てきます。事実、私も車の運転中に目が痛くなり、危うく事故を起こしてしまいそうになってしまいました。目の病気になってしまったら、車の運転は控えなければならないと思いました。眼科で処方して貰った目薬をつけて二週間ほどで治りましたが、結膜炎は他人にも感染してしまいますので、なるべく手洗いを行うように心掛けました。私には子供がいますので、絶対に子供にはうつしたくありませんでしたので、結膜炎の時はなるべく子供に触らないようにしました。結膜炎を経験してからは、目の病気が恐ろしくなってしまい、あまり目が疲れないように、スマートフォンを控えたり、目薬を定期的にさしたりするなどの対策を始めました。目の病気は生活に影響が出てきてしまいますので、仕事やプライベート面にも悪影響を与えてしまいます。なるべく予防をしつつ、目の病気にはかからないように対策することが大切だと思いました。

目の健康には「天然100%のルテイン」