森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

男性のカンジダ性亀頭包皮炎は何故治り難いのか?

男性のカンジダ性亀頭包皮炎は何故治り難いのか?

今回は男性のカンジタ性亀頭包皮炎についてのお話をさせていただきます。一般的には性行為や自慰行為によってなりやすいと言われていますが、特に汗をかきやすい男性の方やデリケートゾーンを普段から不潔にしている方はカンジタ性亀頭包皮炎になる可能性が高いです。

また免疫力が低下している場合、性行為によってカンジダ菌が感染し異常増殖してしまう場合もあります。その場合、女性の膣環境のバランスが悪くなっていてカンジダ菌が増殖していると男性側も余計に菌が感染しやすくなります。

次に、この症状になった方の誰しもが気になるのが「カンジタ性亀頭包皮は自分で治すことができるのか?」また「自然に治すことはできるのか」と言うことです。普通の皮膚炎とは部位が違うことから中々陰部の悩みについては人に打ち明けられないものです。またこの様な悩みが決して少なくないことも事実になります。

そしてこの悩みについて結論を言いますと「自然治癒はかなり難しい」と言うことです。ではどうしてカンジタ性亀頭包皮炎が治りにくいのかと言うことについてお話をさせていただきますが、実はその理由は単純明解でして、男性の陰部の構造と関係があります。端的に申し上げますと男性の中でカンジタ性亀頭包皮炎になりやすい方は仮性包茎の方たちが多いということと、免疫力の低下によってカンジダ菌が暴走してしまうということ。仮性包茎で尚且つ免疫力も低下しているとカンジダ菌の温床になり増殖しやすいのです。だから自然治癒は難しいのです。

逆に皮がきちんとむけている人たちはカンジタ性亀頭包皮炎にはなりにくいと言えます。それはどうしてなのかと言いますと、蒸れやすくて、通気性が悪い場所をカンジダ菌は好みますので皮がむけている方は常に通気性が良いのでペニスに菌が繁殖しにくいのです。

ですのでカンジタ性亀頭包皮炎ですので悩んでいる方たちは仮性包茎の場合がほとんどですので、ペニスが常に菌が繁殖しにくい乾燥した状態を保つことができませんので自分で自然に治すことはが難しいのです。日本人のほとんどが仮性包茎ですし、包皮は実は切らないほうが良いとも言われていますので、包皮の切除は最後の手段としておき、大事なことは「菌を増殖させない環境を作る」ことです。

病院に行かずに自分で治したいのなら1番おすすめなのは「ロテュリミンAF」というクリームを塗ることです。「ロテュリミンAF」は「ファンガソープEX」と併用するとより効果的です。

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリーム
「ロテュミリンAFの詳細はこちら」