森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

カンジタ性亀頭包皮炎の治療薬

カンジタ性亀頭包皮炎の治療薬

本日は男性カンジタ性亀頭包皮炎の治療薬についてのお話をさせていただきます。もしもあなたが仮性包茎であり、更に亀頭や包皮が痒いとかヒリヒリするとか赤くなって擦り剝けると感じた場合には「カンジタ性亀頭包皮炎」になっている可能性がありますので1度泌尿器科を受診したほうが良いと思います。

男性カンジタ性亀頭包皮炎は自然治癒は難しいですので、どの様な治療薬を使って直して行くのかが気になります。実は亀頭包皮炎の治療に関しましては細菌が原因となる場合とカンジタ菌が原因になる場合で異なってきます。

もしも細菌性亀頭包皮炎の場合には塗り薬と致しまして抗生物質が入っている物を活用し、更に症状が酷い場合には飲み薬タイプの抗生物質を併用する様にします。その気になる成分と致しましては主なものとしてフシジンレオ、リンデロンVG、エキザルベ、ネオメドロールEEまた市販薬で言いますと第一三共のクロマイPなどの軟膏となります。そして飲み薬と致しましてはオゼックス、クラリス、クラビット、フロモックス、ミノマイシンなどを服用する様になります。

またカンジタ性亀頭包皮炎の場合にはこの様な抗生物質では効果が期待できません。それはどうしてなのかと言いますと、カンジタ菌と言うのは「皮膚に根付いている」ので、基本的に炎症や細菌の増殖だけを抑える抗生物質の薬では治らないのです。ですのでカンジタ性亀頭包皮炎になった場合には抗真菌薬の塗り薬や軟膏を使用します。また細菌性の物とカンジタの物が混合してしまっている場合には両方の薬を使用します。

そして細菌性、カンジタ性、混合性のどのタイプでもかゆみや赤みが見られる場合にはグリメサゾン、キンダベード、プレドニン眼軟膏、ロコイドなどの炎症を抑えるのに効果のあるステロイド系の塗り薬も合わせて使用する様にします。

男性カンジタ性亀頭包皮炎を自宅で治すには、ロテュリミンAFというクリームが1番おすすめです。

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリーム
「ロテュミリンAFの詳細はこちら」